grip2
FROM:アオイ
札幌のスタバより、、、


「どうすれば30ヤードから寄せワンを取れるのか?」

ピンまで30ヤード以内、、、

この中途半端な距離を苦手と感じている
ゴルファーは少なくないです。

もしかすると、あなたも30ヤードから
ピンに寄らないと悩んでいるかもしれませんね。

30ヤードは寄せワンを取りたい距離です。

この距離から寄せワンを増やせると
一気にスコアアップできます。

ということで今日は
「30ヤードをピタリと寄せる練習方法」
をシェアします。


■30ヤードをピタリと寄せる練習方法(片手打ちドリル)

(1)左手1本で打つ

クラブを左手で短く持ちます。
体重は左足に多めにのせた状態をキープします。

軽く脇をしめて体の回転でボールを打ちます。

体の回転で打つと打点が安定します。

遠くに飛ばす必要はありません

「左手とクラブで作った角度」を変えないように
体の回転でボールを打ちましょう。


手首の動きをおさえるとインパクトが安定します。

「左腕とクラブが一本の棒になったイメージ」
もオススメです。


(2)右手1本で打つ

クラブを右手で短く持ちます。
体重は左足に多めにのせた状態をキープします。

軽く脇をしめて体の回転でボールを打ちます。

体の回転で打つと打点が安定します。

遠くに飛ばす必要はありません

「右手とクラブで作った角度」を変えないように
体の回転でボールを打ちましょう。


手首の動きをおさえるとインパクトが安定します。


(3)両手で打つ(とても楽に打てる!)

片手でボールを打つと
いつもよりクラブを重く感じます。

そのため手打ちになりにくく
自然と体の回転でボールを打つ動きになります。

左右それぞれの片手打ちをしてから
両手を使ってボールを打ちます。

片手打ちの感覚を忘れないうちに行います。

すると両手を使ったアプローチでも
体の回転でボールを打てます。

「小さなショットでも体の回転で打つ」
という感覚をつかめればアプローチが安定します。

 * * *

30ヤードをピタリと寄せる練習方法(片手打ちドリル)を
ご紹介しました。

(1)左手1本で打つ(体の回転で打つ)
(2)右手1本で打つ(体の回転で打つ)
(3)両手で打つ(片手打ちの感覚を忘れないうちに)

片手打ちドリルは多くのレッスンプロが推奨する
鉄板のドリルです。

ぜひお試し下さい。

アプローチを上達すると
大幅なスコアアップを期待できます。

応援しています!


■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」や「シェア」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。