fw1
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「どうすればフェアウェイウッドを上達できるのか?」

メルマガ読者さんから
こんな質問を頂きました。

====================
FWが苦手です。
FWの効果的な練習方法を教えてほしい。
====================


フェアウェイウッドを使いこなせると
ゴルフが楽になります。

ドライバーでミスをして飛距離がでなくても
セカンドショットでグリーンを狙えます。

ということで今日は
「FWのミスを減らす練習方法」
をシェアします。


■FWのミスを減らす練習方法

FWが難しいと感じるゴルファーは多いです。

次の順番で練習するのもオススメです。


(1)FWを短く持つ

「クラブが長い」がFWの難しさの1つです。

FWを短くもってボールを打ちます。

クラブの長さを
「7番アイアンと同じ長さにする」
が目安です。

ボールを遠くに飛ばす必要はありません。


(2)アイアン感覚で打つ

FWでミスになる要因の1つが

「ボールを上げよう」
という気持ちです。

「ボールを上げたい」という気持ちがあると
無意識にアッパー軌道になりやすいです。

地面の上にあるボールをアッパー軌道で打つと
チョロやトップになります。


短くもったFWで
「7番アイアンのイメージで打つ」
もオススメです。

アッパー軌道を防止しやすいです。


「でも、FWは払い打ちでしょ?」

と思うかもしれませんね。

タイガー・ウッズは
「5番ウッドはほんの少しダウンブローに打っても良い」
と言っています。

払い打ちをイメージすると
すくい打ちになりやすいです。

その場合はミドルアイアンのイメージで打つと
すくい打ちを防止できます。


(3)小さいスイングから徐々に大きくする

FWを短く持ったまま
小さなスイングから徐々に大きくします。

・短く持ったままハーフスイング(ビジネスゾーン)で5,6球

・短く持ったままスリークオーターで5,6球

・短く持ったままフルスイング15球


(4)グリップを徐々に通常状態にする

短くクラブを持ってフルスイングになれたら
徐々にクラブの長さを普通に戻します。

難しく感じても焦る必要はありません。

上手く打てない場合は
「クラブを短く持つ、振り幅を小さくする」
と元にもどします。

上手く打てるようになったら
「振り幅を大きく、クラブを長く持つ」
へ進みます。

この手順により

ミドルアイアンの安定性を
FWでも出せるようになります。

「小さな振り幅」「クラブを短く持つ」
という練習は効果的なドリルです。

お試しください。

 * * *

FWのミスを減らす練習方法を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。


(1)FWを短く持つ
(2)ミドルアイアンの感覚で打つ
(3)小さいスイングから徐々に大きくする
(4)グリップを徐々に通常状態にする


フェアウェイウッドが苦手だと距離の長いコースで
スコアをまとめるのが難しくなります。

フェアウェイウッドを使いこなせると
ゴルフが楽になります。

ドライバーでミスをして飛距離がでなくても
セカンドショットでグリーンを狙えます。

参考になれば幸いです。

応援しています!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」や「シェア」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。