apr2
FROM:アオイ
函館のカフェより、、、


「どうすれば、寄せワンが取れるか?」

勉強熱心なあなたもご存知のとおり
ショートゲームがスコアを作る鍵です。

うまい人はグリーンを外しても
寄せワンでパーをとります。

30ヤード以内は寄せワンを狙いたい距離です。

寄せワンをとるにはコツがあります。

ということで今日は
「寄せワンを量産するアプローチの打ち方」
をシェアします。


■寄せワンを量産するアプローチの打ち方

ラウンドでアプローチを打つ前に
次の方法で素振りをすると距離感がよくなります。


(1)状況を充分に確認

アプローチの成功は
正確な状況把握が勝負です。


・ボールの下のライは?

ボールと地面の間にクラブフェースが通る
スキマはあるか?


・ボールの下の傾斜は?

傾斜によって打ち出す方向や
ボールの高さが変わります。

ボールの位置も微調整が必要になります。


・ボールを落とす場所の傾斜は?

ボールの落とし場所の傾斜により
ボールのはね方が変わります。

手前側に受けていれば
ランが短くなります。


・ボールを落とす場所の地面の硬さは?

落とし場所の地面が硬いとランが増えます。
柔らかいとランが減ります。


・グリーンの傾斜は?

アプローチでカップの根本に寄せるには
グリーンの読みも大切です。

チップインを狙うならパットと同じくらい正確に
グリーンを読む必要があります。


(2)素振りを丁寧にする

アプローチは素振りが大切です。

素振りを「チャッチャッ」と
適当に行う人もいますが、

もっと丁寧に素振りをすると、
距離感が良くなります。

具体的には、

・実際にボールを打つイメージで素振りをする

・イメージしたボールが、「イメージした強さ」で
 カップに吸い込まれる(カップの根本に止まる)まで
 フィニッシュの状態を保つ。

本番に近い状態でリハーサルが出来るので、
距離感がつかみやすくなります。

地面に傾斜があれば
ボールの位置を微調整できます。

芝の抵抗を事前に把握できます。


(3)アプローチの距離感が良くなる「3回素振り」

素振りで距離感を良くする方法があります。

1回目は、「少しショート気味の素振り」

2回目は、「少しオーバー気味の素振り」

3回目は、「その中間の素振り」

このように3回素振りをすると
距離感に大きな狂いがなくなります。

3回目の素振りの感覚が消えないうちに、
ボールを打ちます。

 * * *

寄せワンを量産するアプローチの打ち方を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・状況を充分に確認
・素振りを丁寧にする
・アプローチの距離感が良くなる「3回素振り」

アプローチの距離感が良くなると
パット数が減ります。

大幅なスコアアップを期待できますよ。

参考になれば幸いです。



■追伸

「急激な進歩を遂げたいと思うなら、
 練習の90%をショートゲームに割り当てる」


と言ったのは伝説のレッスンプロ、ハーヴィー・ペニック。

あなたはどう思いますか?



■追伸2

明日は「自宅でできるアプローチの練習方法」を
ご紹介しようかと思います。

興味はありますか?

興味がありましたら下にある
「いいね」や「シェア」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。