zimen_ball

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「どうすれば、ベアララウンドからアプローチを上手くてるのか?」

芝の生えていない場所を
ベアグラウンドといいます。

勉強熱心なあなたもご存知のとおり
ベアグラウンドからのアプローチは難しいものです。

春は芝が薄いです。

ベアグラウンドからボールを打つケースも多くなります。

ベアグラウンド対策を知っておくと
スコアを崩さずにすみます。

ということで今日は
「アプローチの打ち方(ベアグラウンドからの打ち方)」
をシェアします。


■アプローチの打ち方(ベアグラウンドからの打ち方)

(1)ロフトの立っているクラブを使う

ベアグラウンドからSWを使うと
ミスショットになりやすいです。

ボールの下に芝がないので
バンスの大きいSWははじかれてしまいます。


SWではなく、PW、9番アイアン、8番アイアンなどの
ロフトの立っているクラブを使うと簡単です。

少しくらいボールの手前の地面を打っても、
大きなミスになりにくくなります。


(2)グリーン手前にバウンドさせよう

ボールの落とし場所は
必ずしもグリーンの中にする必要はありません。

1回、2回とグリーン手前にバウンドさせて、
転がして寄せればokです。

プロの試合でも高速グリーンを攻略するときに
グリーン手前から転がしているのを見たことがありますよね?

無理にボールを上げる必要はありません。

グリーン手前から転がした方がゴルフは簡単になります。


(3)パターを使うのも賢い選択

ボールとグリーンまでの間の芝が薄いなら
パターを使うのも賢い選択です。

ボールの下がベアグラウンドになっている状況なら
周囲の芝が薄い可能性も高いです。

グリーンの外からでも
パターを使いやす状況なのです。

ベアグラウンドは上級者でも難しいライです。

「パターは使えないか?ミドルアイアンで転がせないか?」
を考える癖をつけると良いです。


 * * *


アプローチの打ち方(ベアグラウンドからの打ち方)を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)ロフトの立っているクラブを使う
(2)グリーン手前にバウンドさせよう
(3)パターを使うのも賢い選択


アプローチはスコアアップの鍵です。

状況にあわせて簡単な打ち方を選べると
スコアがよくなりますよ。

「アプローチはできるだけ転がす」
と考えるとシンプルです。


参考になれば幸いです。
応援しています!



■追伸

今日の記事が参考になりましたら
「いいね」や「シェア」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。