iron_ball

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「どうしたらアイアンでパーオンできるのか?」

アイアンでパーオンできないと
悩んでいるゴルファーは多いです。

パーオンできると
パー、バーディーが増えます。

スコアは良くなりますし
ゴルフが面白くなります。

ということで今日は
「アイアンでパーオンを増やす方法」
をシェアします。


■アイアンでパーオンを増やす方法

パーオンを増やす方法はいくつかありますが
今日は2つご紹介します。


(1)番手毎の距離を記録(ハーフスイングの飛距離も!)

「番手毎の飛距離を把握する」という方法です。


9番なら120ヤード
8番なら130ヤード

5番なら160ヤード

という感じで番手毎の飛距離を確認します。

熱心なあなたは

「そんなの当然やってますよ」

と思うかもしれません。

さすがです。

今回は「もう一歩先」に進みましょう。


アイアンの番手毎に
次の2つの飛距離を把握しましょう。

・最大飛距離(100%の力感)
・ハーフショット(80%の力感)


一覧にまとめるのも良いです。

アイアンは100%の力感でショットするより

すこし余力のある打ち方をすると安定します。

ここではハーフショットと表現します。

ハーフショットは以下を目安にしても良いです。

「トップで左腕が地面と並行になる振り幅」

「トップで左肩がアゴの下にくる振り幅」

「80%の力感でスイングした場合」

あなたの「この振り幅が一番安定する」という
アイアンショットについて

番手ごとの飛距離を一覧にまとめます。
(すこしくらい正確でなくても良いです。可能な範囲でまとめましょう)


最大飛距離より少し飛距離が落ちるかもしれませんが
それでOKです。


(2)ラウンドで「80%の打ち方、距離計算」を採用

で、、、

ここからが重要なのですが

一度で良いので
コースで次を徹底してみてください。

「アイアンはハーフショット(80%の力感)でボールを打つ」

「ハーフショット(80%の力感)で飛距離を計算する」


全てのショットでこの2つを徹底します。

アイアンショットが安定しますし
距離のバラつきも減ります。

いつもよりスコアがよくなる可能性が高いです。

 * * *

アイアンでパーオンを増やす方法を
ご紹介しました。

(1)番手毎の距離を記録(ハーフスイングの飛距離も!)
(2)ラウンドで「80%の打ち方、距離計算」を採用

アイアンは「狙うクラブ」です。

飛ばそうとする必要はありません。

もしあなたがアイアンショットで
飛ばそうとしているなら

「80%の力感のショットを練習し、
 ラウンドでもそのショットを打つ」

をお試しください。

ショットが安定し
飛距離も安定します。

大幅なスコアアップを期待できますよ。

応援しています!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。