golf_josei2
FROM:アオイ
札幌の自宅より


「あなたはアドレスで損をしていませんか?」

ゴルフに熱心なあなたもご存知のとおり
ゴルフが上手い人はアドレスが良いです。

良いアドレスはショットが安定し
飛距離も出やすいです。


アドレスが良いとスコアも良くなりますし
不調にもなりにくいです。

ということで今日は
「芯喰いアドレスのチェックポイント」
についてシェアします。


■芯喰いアドレスのチェックポイント

(1)背筋伸びてますか?

背筋をピンと伸ばします。

adr1

よくある悪いパターンが「猫背」です。

猫背になるとスイング軸を
中心に回転できなくなります

バックスイングで伸び上がり
ダウンスイングで沈み込む動きになります。

インパクトが安定せず
ダフリ、トップが出やすくなります。

背筋をピンと伸ばしましょう。


(2)股関節から前傾する

背骨を曲げるのではなく
股関節(脚の付け根)から前傾しましょう。

猫背の原因の1つが
「股関節から前傾していない」です。

股関節から曲げて前傾をします。

おしりを後ろに突き出すようにすると良いです。

横から見た時にベルトの線が
前に傾いた状態が良いです。

adr3



直立した状態で腰に手をあてて
「グイッ」と傾けると感覚をつかみやすいです。


(3)腕に力がはいっていませんか?

腕の力を抜いてアドレスできていますか?

自然と腕の力を抜いた時に
グリップの位置は肩の下にきます。

adr4


頭の下にグリップがある人がいますが
腕が前にですぎです。

手の位置が前に出ると
腕の力に頼ったスイングになります。

手打ちスイングで飛距離をロスします。

「肩と腕の力を抜く」
「グリップの位置は肩の下」

がオススメです。


 * * *

アドレスのチェックポイントは他にもありますが
重要なポイントをご紹介しました。

「ゴルフはアドレスに始まり、アドレスに終わる」
と言われています。

それだけ重要で大切にすべきです。

アマチュアゴルファーの多くが
正しいアドレスが出来ていません。

アドレスが悪いと手打ちになりやすく
飛距離を大幅にロスします。

アドレスが良いとスイングから無駄な動きが減り
ショットの再現性が高くなります。

ヘッドスピードも出やすくなります。
芯で打ちやすくなります。飛距離が伸びます。

あなたもアドレスのせいで
スコアと飛距離を損していませんか?

ほんの少しアドレスを直すだけで
ショットが安定して飛距離が伸びるケースも多いです。

参考になれば幸いです!




<本日のおすすめ>

もしあなたが

「正しいアドレスを身につけて
 コースでのミスショットを減らしたい」


と思うならこれはオススメです。

正しいアドレスを身につけて、コースでのミスショットを減らす方法