grip2
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「どうすればアプローチが上手くなるのか?」

とてもオススメのドリルがあります。

それが「片手打ち」です。

有名なドリルなのですが
正しくできている人が意外とすくないです。

もしかすると、あなたも
「片手打ち」を間違って練習しているかもしれません

これを練習すると
アプローチが上手くなるのは当然として

フルスイングも良くなりますよ

ということで今日は
「アプローチが上達する最高のドリル(片手打ちの注意点)」
をシェアします。


■アプローチが上達する最高のドリル(片手打ちの注意点)

30ヤードアプローチが
スイング作りの基本です。

個人差がありますが
腰から腰くらいの振り幅です。

視界にクラブがあるので
スイングを磨く練習になります。

30ヤードアプローチを練習すると
スイングも良くなりますし

アプローチも上手くなります

で、、、

アプローチの練習を両手ではじめると
手打ちになりやすいです。

アプローチ練習を「片手打ち」からはじめると
素晴らしい打ち方が身につきます。

片手だと腕の力が弱いので
体の回転で打てるようになります。

片手でボールを打てると両手は簡単です。

やり方は3ステップです。


(1)左手1本で打つ

重要なのはコレ

「両手打ちと同じポジションでアドレスする」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

クラブを左手で短く持ちます。
体重は左足に多めにのせた状態をキープします。

軽く脇をしめて体の回転でボールを打ちます。

体の回転で打つと打点が安定します。

遠くに飛ばす必要はありません

「左手とクラブで作った角度」を変えないように
体の回転でボールを打ちましょう。

手首の動きをおさえるとインパクトが安定します。

「左腕とクラブが一本の棒になったイメージ」
もオススメです。


(2)右手1本で打つ

重要なのはコレ

「両手打ちと同じポジションでアドレスする」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

クラブを右手で短く持ちます。
体重は左足に多めにのせた状態をキープします。

軽く脇をしめて体の回転でボールを打ちます。

体の回転で打つと打点が安定します。

遠くに飛ばす必要はありません

「右手とクラブで作った角度」を変えないように
体の回転でボールを打ちましょう。

手首の動きをおさえるとインパクトが安定します。


(3)両手で打つ(とても楽に打てる!)

片手でボールを打つと
いつもよりクラブを重く感じます。

そのため手打ちになりにくく
自然と体の回転でボールを打つ動きになります。

左右それぞれの片手打ちをしてから
両手を使ってボールを打ちます。

片手打ちの感覚を忘れないうちに行います。

すると両手を使ったアプローチでも
体の回転でボールを打てます。

「小さなショットでも体の回転で打つ」
という感覚をつかめればアプローチが安定します。

正しいインパクトの感覚が磨かれます。

正しいインパクトの感覚は
アプローチもフルスイングも同じです。

30ヤード程度の小さなショットが磨かれると
アイアンやドライバーなどのフルスイングも安定します。

 * * *

アプローチが上達する最高のドリル(片手打ちの注意点)を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)左手1本で打つ(両手打ちと同じアドレスで体の回転で打つ)
(2)右手1本で打つ(両手打ちと同じアドレスで体の回転で打つ)
(3)両手で打つ(片手打ちの感覚を忘れないうちに)

腰から腰の振り幅で練習すると良いです。

ビジネスゾーンと言われる振り幅です。

片手打ちドリルは多くのプロが実践している
鉄板のドリルです。

ポイントはコレ


両手打ちと同じポジションでアドレスすること。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ぜひお試し下さい。

アプローチを上達すると
大幅なスコアアップを期待できます。

応援しています!




■追伸

私は練習時にかならず
30ヤードのアプローチをしています。

キャリーで30ヤードです。

腰から腰の振り幅でスイングの基本を確認します。

腰から腰のビジネスゾーンが安定すると
正しいインパクトが身につきます。

正しいインパクトが身につくので
フルスイングも良くなります。

30ヤードアプローチの前に
かならず「片手打ちドリル」をしています。

片手打ちはこのビジネスゾーンを磨く最高のドリルです。

本当に効果的なドリルなので
ぜひ練習メニューに取り入れていただけるとうれしいです。




■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」や「シェア」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。