migihiza

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


『ほとんどのゴルファーは
 力は大きなバックスイングによって生じる
 という錯覚に陥っている』

と言ったのは帝王ジャック・ニクラウス。

ツアー屈指の飛ばし屋と知られる
小田孔明プロも飛ばしの秘訣は

「バックスイングをコンパクトにして振ること」

と言っています。

実は、、、

コンパクトなトップで飛距離を伸ばす
シンプルな方法があります。

これができると飛んで曲がらないボールが打てますよ。

ということで今日は
『コンパクトなトップで飛距離を伸ばす方法』
をシェアします。


■コンパクトなトップで飛距離を伸ばす方法

(1)飛ばしの秘訣はバックスイングをコンパクトにして振る

ツアー屈指の飛ばし屋と知られる
小田孔明プロは飛ばしの秘訣を次のように語っています。

「バックスイングをコンパクトにして振ることです。

大きなバックスイングを取れば取るほど
飛距離が伸びそうに思えますが、実際は違います。

体がスウェーしたりクラブがスイングプレーンから
外れたりとスイングに無駄な動作が生じやすく、

それがミスヒットを招きます。
飛ばそうとして飛ばないスイングになっているのです。」


コンパクトなトップで飛距離を伸ばす
ポイントは2つです。


(2)バックスイングでトップまで右膝を右に動かさない

「バックスイングでトップまで
 右膝の位置をキープする」


migihiza

バックスイングで右膝が右に動くのがスウェー。

スイング軸がブレますし
パワーもたまりません。

右膝の位置を完全にキープしましょう。


(3)バックスイングでトップまで右膝を伸ばさない

「バックスイングでトップまで
 右膝を曲げたままキープする」

言葉にするのは簡単ですが
かなり「キツイ」です。

かなりトップがきつくなります。
その状態が正解です。

その「きつさが飛距離のパワー」になります。

右膝が伸びないと
右の股関節にパワーがたまります。

右膝をのばさずにキープするには
ある程度の筋力が必要になります。

オススメのトレーニングはスクワットです。

下半身を鍛えると飛距離がでる
理由はここにあります。

 * * *

コンパクトなトップで飛距離を伸ばす方法を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)飛ばしの秘訣はバックスイングをコンパクトにして振る
(2)バックスイングでトップまで右膝を右に動かさない
(3)バックスイングでトップまで右膝を伸ばさない


「飛ばしたい」という欲求から
大きなトップを作りたくなります。

すると右膝が動きやすくなります。

でも我慢です。

我慢するのは「右膝」です。


「オーバースイングになっているな・・・」と感じたら

まずはコレを注意してください。

・バックスイングで右膝を右に動かさない
・バックスイングで右膝を伸ばさない


コンパクトで力強いショットを打てますよ。

今回は飛距離を伸ばすために
とっても大事なお話をしました。

あなたが実践してくれると嬉しいのですが、、、

あなたが今以上にゴルフを楽しめますように!
応援しています!




■追伸

ブログ、メルマガの内容を実践して
何か成果がでたら教えてくれるとうれしいです。

嬉しい報告をくれた方は
何か良いことがあるかもしれません。(笑)




■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。