apr2

FROM:アオイ
札幌のスタバより、、、


「なぜ、30ヤードのアプローチが最強の上達法なのか?」

ゴルフスイングを磨きながら
アプローチも上達できる

最強の上達法があります。

それは、、、

「30ヤードのアプローチ練習」です。

30ヤードを正しく打てるようになれば、
アプローチも上手くなるのは当然として

フルスイングも良くなります。

ということで今日は
「なぜ、30ヤードのアプローチが最強の上達法なのか?」
をご紹介します。


■なぜ、30ヤードのアプローチが最強の上達法なのか?

(1)30ヤードの看板にボールを当てよう

「S/Wで30ヤードをキャリーで打つ」
という練習がオススメです。

SWで腰から腰の振り幅で打つと
多くの人が30ヤードになります。

大切なのはコレ


「腰から腰の振り幅」

「クラブヘッドが視界に入る、小さなスイング」

「アプローチで使うクラブで行なう」


「腰から腰の振り幅」はクラブが自分の視界にあります。

そのためコントロールがしやすく
間違った動きを直しやすいです

飛距離には個人差があるので

30ヤードじゃなくても良いです。
20ヤードでも、15ヤードでもokです。



(2)目指すのは「正しい形」

腰から腰の小さなスイングで
まずは次ができればokです。

・トップでクラブがターゲットラインと並行

・左足に体重をのせて、しっかりとインパクトする

・フォローでクラブがターゲットラインと並行

・フォローでは腰がターゲットを完全にむく

・両腕が常に体(上半身)の正面にある


これが毎回できると自然にボールが安定します。

「高さ、リズム、方向、距離」が毎回同じようになります。


(3)腰から腰のスイングが安定すると、フルスイングも安定する


腰から腰の小さなスイングが安定すると
あとは振り幅を大きくすればフルスイングになります。

クラブヘッドが視界にはいる小さなスイングは
スイングを自分でコントロールできるので
スイングを磨きやすいのです。

スイングというのはハーフスイングでも
腰から腰のスイング(ビジネスゾーン)の動きは同じです。

アプローチでもアイアン、ドライバーもみんな同じです。

腰から腰のスイングが安定すれば
インパクトが安定し

フルスイングも安定するわけです。

昔からその重要性はいわれていて
ビジネスゾーンとかハーフスイングと表現する人もいます。

この小さな振り幅のスイングで正しく打てるようになれば、
スイングの土台が出来ます。


(4)アプローチに使うクラブで練習しよう

普段、アプローチで使うクラブで練習すると

アプローチの距離感とスイングの基礎作りを
同時に行えます。

そのため、SW、AW、PWがオススメです。

 * * *

「30ヤードのアプローチが最強の上達法」を
ご紹介しました。

(1)30ヤードの看板にボールを当てよう
(2)目指すのは「正しい形」
(3)腰から腰のスイングが安定すると、フルスイングも安定する
(4)アプローチに使うクラブで練習しよう


30ヤードを正しく打てるようになれば、
アプローチも上手くなるのは当然として

フルスイングも良くなります。

地味な練習なのですが効果は保証します。

私は練習メニューに組み込んでいて
毎回行っています。

やれば必ずスコアアップにつながりますよ。

参考になれば幸いです!




■追伸

スコアアップの鍵はアプローチです。

近々、アプローチ上達の集中講座を行なう予定です。

宜しければご参加ください。




■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。