rahu2

FROM:アオイ
札幌の自宅より


「カップにピタリと寄るアプローチのルーティンとは?」

先日の「なぜ30ヤードのアプローチが最強の上達法なのか?」
が好評でした。

今回もアプローチのポイントをご紹介します。

練習で30ヤードを完璧にしたら

次は「コースでも狙った場所に打てるか?」がポイントです。

ということで今日は
「カップにピタリと寄るアプローチのルーティン」
をご紹介します。


■カップにピタリと寄るアプローチのルーティン

練習場で30ヤードを練習すれば
大幅なスコアアップを期待できます。

ただし、コースでは一発勝負。

一発勝負のコースでアプローチを成功するには

フルショットと同じように、
アプローチにもルーティンが必要です。

次のルーティンは簡単ですしベーシックな手順です。

ぜひ、お試し下さい。


(1)傾斜確認(ボールとピンの間で確認)

ボールとピンの間に立ち、
ボールとピンの位置関係と傾斜を見る。


(2)落とし場所を決定

ボールの落とし場所を「明確」に決める。


(3)転がりをイメージ

ボールを打って転がる様子をイメージする。

転がりをイメージすることで、
傾斜を想定したアプローチが出来ます。

カップにピタリと寄せるために、
転がりをイメージしましょう。


(4)素振り(イメージを明確にする)

ボールの落とし場所を見ながら素振りをして
イメージの確認をする。


(5)ボールを打つ(落とし所に集中)

アドレスに入ってからは、カップは見ずに
落とし場所だけしか見ない。

素振りのイメージが消えないうちに打ちます。

宮里藍プロを育てたお父さんは、
アプローチの落とし場所に、
「1枚のハンカチ」をイメージして、

そのハンカチにボールを落とすことに集中する
と言っています。


 * * *


カップにピタリと寄るアプローチのルーティンを
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)傾斜確認(ボールとピンの間で確認)
(2)落とし場所を決定
(3)転がりをイメージ
(4)素振り(イメージを明確にする)
(5)ボールを打つ(落とし所に集中)


ルーティンを持つとアプローチが安定します。

もしあなたが決まったルーティンを持っていないなら
参考にして下さい。

アプローチがとても楽になりますよ。

次のラウンドで実践するために

練習場でラウンドをイメージして
ルーティンの練習するのもオススメです。


応援しています!




■追伸

スコアアップの鍵はアプローチです。

近々、アプローチ上達の集中講座を行なう予定です。

メルマガでご連絡します。

募集期間は短いのでお見逃しなく!




■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。