golf_josei2
FROM:アオイ
札幌の自宅より


「どうすれば飛距離が伸びるのか?」

ベテランのゴルファーほど
「自分はもう飛距離は伸ばせない」
と思っているようです。

とんでもありません!

飛距離を伸ばすのに
特別な才能なんて必要ありません。

必要なのは、飛距離を伸ばすための
「ちょっとしたコツ」を知ることです。

「左脇の締め」を意識するだけで
飛距離がアップすることもあります。

ということで今日は
「飛距離が伸びる左脇の締め方」
をシェアします。


■飛距離が伸びる左脇の締め方

(1)左脇をしめてテークバックを開始

飛距離を落とす大きな原因が「手打ち」です。

手打ちスイングを直すと
大きな筋肉を使えるので飛距離が出やすいです。

腕の筋肉は小さくて器用に動きますが
パワーが弱く再現性が低いです。

腹筋や背筋などの大きな筋肉は
パワーがあり再現性が高いです。

手打ちスイングを直すとショットが安定し
飛距離が出ます。

左脇をしめてテークバックを開始すると

体の回転でテークバックでき
手打ちを防止できます。

「左脇をしめてテークバック」

をお試しください。

「手打ち」で飛距離をロスしているなら
飛距離アップにつながります。


(2)切り返しで左脇を締めて体を回す

飛距離を落とす大きな原因が「振り遅れ」です。

切り返しで左脇を締めて体を回すと
腕が体の回転と同調します。

左側のリードでふりやすくなり
ヘッドが加速しやすくなります。

「切り返しで左脇を締めて体を回す」

をお試しください。

「振り遅れ」で飛距離をロスしているなら
飛距離アップにつながります。


 * * *

飛距離が伸びる左脇の締め方を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)左脇をしめてテークバックを開始
(2)切り返しで左脇を締めて体を回す


左脇を締めると腕と体が同調しやすくなります。

スイングの再現性が高まり
飛距離もアップしますよ。

飛距離を伸ばす方法はいろいろあります。

大切なことは
「あなたの飛距離はまだまだ伸びる」
ということ。

応援しています!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。