driver8
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「どうすれば飛距離が伸びるのか?」

飛距離を伸ばすのに
特別な才能なんて必要ありません。

必要なのは、飛距離を伸ばすための
「ちょっとしたコツ」を知ることです。

「両膝のたえ」を意識するだけで
飛距離がアップすることもあります。

ということで今日は
「飛距離が伸びる両膝の耐え方」
をシェアします。



■飛距離が伸びる「両膝の耐え方」

飛ばしのパワーの源はバックスイングでの捻転(腰と肩の回転の差)です。
dr_top2


(1)テークバックでクラブが8時を指すまで両膝が正面をむいたまま

肩と腰の捻転差を大きくするには
下半身のたえが必要です。

「テークバックでクラブが8時を指すまで
 両膝が正面をむたまま」

をお試しください。
dr_buckswing



捻転(腰と肩の回転の差)が強くなり
飛距離アップを期待できます。
dr_top2



(2)「両膝を正面に向けたまま」はミスショットの防止にもなる

「テークバックでクラブが8時を指すまで
 両膝が正面をむたまま」

の効果は飛距離が伸びるだけではありません。

多くのゴルファーがテークバック初期で
右膝が右に移動します。

左膝も右に移動します。

すると腰が右にズレます。

スウェーと呼ばれる動きです。

腰が右にズレると
クラブ軌道の最下点も右にずれます。

するとダフリ、あおり打ち、チョロになりやすいです。


「テークバックでクラブが8時を指すまで
 両膝が正面をむたまま」

を注意するとスウェーも防止できます。

飛距離が伸びると同時に
ダフリ、あおり打ち、チョロを直す効果もあります。


 * * *


飛距離が伸びる「両膝の耐え方」を
ご紹介しました。

(1)テークバックでクラブが8時を指すまで両膝が正面をむいたまま
(2)「両膝を正面に向けたまま」はミスショットの防止にもなる

捻転差が大きくなりやすいです。

スイング軸がズレにくくなります。

スイングの再現性が高まり
飛距離もアップしますよ。

飛距離を伸ばす方法はいろいろあります。

大切なことは
「あなたの飛距離はまだまだ伸びる」
ということ。

応援しています!



■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。