dr_tenpura
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

『ドライバーショットが飛ばない・・・』

『ドライバーショットが安定しない・・・』

と悩んでいませんか?

ドライバーショットが上手くいけば
そのホールは「攻めのゴルフ」が出来ます。

ドライバーショットが上手く行かないと
「守りのゴルフ」になります。

ドライバーショットの飛距離を伸ばすには
スイングも大切ですが、、、

「ボールの位置」がとても大切です。

ということで今日は
「飛距離が伸びるボール位置の決め方」
をシェアします。


■飛距離が伸びるボール位置の決め方

ボール位置はとても重要なのですが
軽視されがちなテーマです。

ボールの位置がズレても
人は無意識に調整して打つことができます。

しかし、スイングに調整が入るので
ショットが不安定になりますし

無駄な動きがでるので
飛距離をロスします。


(1)基本は左足かかとの前

一般的にドライバーショットのボール位置は
「左足かかとの前」です。
ball6



(2)「ボール1個分ほど右」のプロも増えている

以前は「左足かかと前」が基本でしたが

最近は「ボール1個分ほど右にする」という
プロも増えています。

ball5


理由はいくつかあります。

・以前に比べて、ボールが上がりやすいヘッド
・以前に比べて、シャフトの戻りが早い
・以前に比べて、重心移動が少ないスイング

ボールの位置は「左足かかと前」にこだわらず
微調整をしましょう。

スイングをして「最下点の少し左」にボールをおけば
緩やかなアッパーブローに打てます。

自然にスイングして「芯」にあたりやすい
あなたに最適なボール位置を見つけましょう。


(3)「気持ちよく振って飛ぶ場所」を見つける

ドライバーショットの飛距離を伸ばすには
「ボールの位置」がとても大切です。

「左足かかと前」にこだわる必要はありません。

クラブの進化、スイングの進化、体格差など
様々な要因で最適な位置はかわります。

微調整をしながらボールを打ち
「あなたに最適なボール位置」
を見つけましょう。

いつもより左に置いて打ってみましょう。

いつもより右に置いて打ってみましょう。

大切なのは「ボールを打つ」のではなく

「何も考えずに振る」
ということ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「何も考えず気持ちよく振った時に
一番良いショットがでるボール位置」を探します。


いつもと違う場所でナイスショットが打てると

「え?これでいいの?」

と違和感があります。

でも、その位置が正解です。

多くの方にとって
「本当にベストな位置」と「いつもの慣れたボール位置」には
多少のズレがあります。


(4)ベストなボール位置は記録しておく

「何も考えずに振ったとき、気持ちよく打てるボール位置」

これがあなたにとってベストなボール位置です。


ボールのベストな位置は個人差があります。

ナイスショットを打てる
ベストなボール位置を見つけたら
記録しておきましょう。

・スタンス幅
・両足のつま先のひらき具合
・左足とボール位置の関係
・ボールの高さ

この4つを記録しておけば良いでしょう。

ボール位置は本人が気づかないうちに
徐々にズレます。

調子の良い時のボール位置を記録しておけば
すぐに修正できますよ。

 * * *

飛距離が伸びるボール位置の決め方を
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)基本は左足かかとの前
(2)「ボール1個分ほど右」のプロも増えている
(3)「気持ちよく振って飛ぶ場所」を見つける
(4)ベストなボール位置は記録しておく

まずはコレを試してください。


「何も考えず気持ちよく振った時に
一番良いショットがでるボール位置を探す」

ショットが安定しますし飛距離も伸びますよ。

参考になれば幸いです。




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。