iron_ball
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「ゴルフスイングについて、おもしろい写真」
をご紹介します。

以前「30ヤードのアプローチが最強の上達法」
という記事をご紹介しました。

好評だったので詳しくお話します。

ゴルフスイングを磨きながら
アプローチも上達できる

最強の上達法があります。

それは、、、

「30ヤードのアプローチ練習」です。

30ヤードを正しく打てるようになれば、
アプローチも上手くなるのは当然として

フルスイングも良くなります。

ということで今日は
「なぜ、30ヤードのアプローチが最強の上達法なのか?(その2)」
をご紹介します。


■なぜ、30ヤードのアプローチが最強の上達法なのか?(その2)


まずはこちらの記事をお読みください。

なぜ、30ヤードのアプローチが最強の上達法なのか?


この記事で次のようにご紹介しました。

=====================
スイングというのはハーフスイングでも
腰から腰のスイング(ビジネスゾーン)の動きは同じです。

アプローチでもアイアン、ドライバーもみんな同じです。

腰から腰のスイングが安定すれば
インパクトが安定し

フルスイングも安定するわけです。
=====================


で、、、

本当にインパクト付近の動きは
アプローチもドライバーも同じなのでしょうか?


■インパクト付近の動きはアプローチもドライバーも同じなのか?

結論を言うと

「アイアン、ドライバー、アプローチの
インパクトの形はほとんど同じです」

クラブの長さ、スタンス幅、ボール位置が違うだけです。

インパクト付近の様子を比較してみましょう。


15−20ヤードのアプローチ(アドレス:トップ:フォロー)
impactzone_apr


アイアンインパクト
impactzone_iron



ドライバー(アドレス:テークバック:インパクト直後)
impactzone_dr


インパクト付近の動き、形が似ていますよね。
(ほとんど同じです)

腰から下の小さなスイングでアプローチの練習をすれば
インパクトゾーンが安定します。

インパクトゾーンが安定すると
正しいインパクトになります。

「正しいインパクト」が身につくと
次のスキルが身につきます。

・正確なアプローチ
・キレのあるアイアン
・飛んで曲がらないドライバーショット

インパクトゾーンは全てのスイングで本質的には同じです。

腰から下の小さな振り幅でアプローチの練習をすれば
アプローチが上達するのは当然として、

アイアン、ドライバーの上達にもつながります。

正しいインパクトが身につき
クラブフェースの「芯」で打てるようになります。

小さなスイングは体への負担も少ないですし
スイングの基本が身につきます。

アプローチ練習は「とてもお得な練習」なのですが
練習量がすくないゴルファーは多いです。

もしあなたもアプローチ練習が少ないなら
アプローチの練習を沢山しましょう。

アプローチ練習は地味ですが
ゴルフ全体のレベルアップにつながりますよ。

応援しています!



■追伸

「急激な進歩を遂げたいと思うなら、
 練習の90%をショートゲームに割り当てる」


と言ったのは伝説のレッスンプロ、ハーヴィー・ペニック。

あなたはどう思いますか?



■追伸2

先日、嬉しいメールを頂きました。

メールをくれたKさんは
「アプローチのミスが多い」
と悩んでいました。

いろいろなゴルフ教材を試しても成果がでない。

ある方法を試したところ
アプローチが安定するようになったそうです。

その方法とは?

忙しいゴルファーが少ない練習でアプローチを上達する方法




■追伸3

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。