driver8
FROM:アオイ
札幌の自宅より


「どうすればドライバーの飛距離を伸ばせるのか?」

クラブのヘッドスピードが遅くても
スピンを減らすことで
飛距離を伸ばすテクニックがあります。

多くのゴルファーが「スピン量が多すぎる」という理由で
飛距離をロスしています。

ということで今日は
「ドライバーショットの打ち方(ヘッドスピードをあげずに飛ばす方法)」
をシェアします。


■ドライバーショットの打ち方(ヘッドスピードをあげずに飛ばす方法)

バックスピンはボールを浮かせる力を生みます。

バックスピンが少なすぎると
ボールが上がらない。

バックスピンが多すぎると
ボールが吹け上がってキャリーがでない。

適正のスピン量になると
キャリーも出て、ランも出て飛距離が伸びます。

飛距離不足に悩む多くのゴルファーは
「スピン量が多すぎ」です。

そのためドライバーはスピン量を減らす方向に
開発が進んでいます。

ゴルフショップなどで測定してもらえば
スピン量がわかります。

「ドライバーのランが少ない」という場合は

「スピン量が多すぎ」の可能性が高いです。


■スピン量をおさえて飛距離をアップする方法

スピン量をおさえる方法はいくつかありますが
今回は2つご紹介します。


(1)アウトサイドインの軌道はスピン量が増える

スピン量が多い方の特徴として
「アウトサイドインの軌道」があります。

ダウンスイングで右手を積極的に使うと
アウトサイドインになりやすいです。

「最近、ボールが吹け上がる」という場合は

飛ばそうとして右手を使いすぎいないか?
をチェックしましょう。

左サイドでダウンスイングをすると
改善する可能性が高いです。


(2)フェースが開くとスピン量が増える

インパクトでフェースが開いていると
スピン量が増えます。

インパクトでフェースが開く
意外と多いのがコレ。

「アドレス時点でフェースが開いている」

アドレスでフェースが開いているので
インパクトでもフェースが開きます。

ここで「手の返しが弱いの」と考えると
問題が複雑になります。

無駄な動きがあるので
ショットが安定しませんし

腕の筋肉は小さいので器用に動くので
再現性が悪いです。

パワーも弱いです。

ヘッドスピードも落ちて飛距離もロスします。

インパクトでフェースが開かないようにするには
こちらの記事も参考にしてください。

ドライバーでボールのつかまりが良くなるアドレスの注意点


 * * *

ドライバーショットの打ち方(ヘッドスピードをあげずに飛ばす方法)
をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)アウトサイドインになっていないか?(右手を使いすぎていないか?)
(2)インパクトでフェースが開いていないか?(アドレス時点で開いていないか?)

飛距離がでないとセカンドショットの距離が長くなり
パーオンが減ります。

どうしてもアプローチに頼ったゴルフになります。

飛距離がでるとゴルフは面白くなります。

応援しています!



■追伸

「ボールが上がりすぎる」または「ボールが上がらない」
という場合は

スピン量をチェックして見てください。

スピン量を最適にすると
飛距離が伸びますよ。



■追伸2

先日、読者さんから
「アオイさんのアドバイスによりベストスコアを更新した」
という嬉しい報告をいただきました。

ベストスコアを「92」から「82」に大幅に更新したそうです。

ご本人の努力のたわものですが、こんなご連絡が一番嬉しいですね。

ゴルフはちょっとした気付きで大幅にスコアアップすることがありますね。


■追伸3

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。