golf_josei2

FROM:アオイ
札幌の自宅より


「どうすればドライバーの飛距離を伸ばせるのか?」

飛距離を伸ばす方法はいくつかあります。

コースで実践しやすい
簡単な方法をご紹介します。

スイングを変えずに「目線」を変えるだけ。

ということで今日は
「ドライバー飛距離アップ(左目でボールを”ボヤッ”と見る)」
をシェアします。


■ドライバー飛距離アップ(左目でボールを”ボヤッ”と見る)

アドレスからボールを打つまでの間、
「ボールを左目で見る」という意識です。

左目でボールを”ボヤッ”と見ながらスイングします。

ボールを左目で見るメリットは多数あります。


(1)バックスイングがスムーズになる

アドレス時に左目でボールを見ると
顔がわずかに右をむきます。

顔が右を向いているので
テークバックがスムーズになります。

テークバックがスムーズになると
スイングが安定します。

肩の回転が深くなります。

捻転が強くなり飛距離がアップします。


(2)インパクトで体が開きにくい

左目でボールを見ると
アドレスで右肩が前に出にくいです。

アウトサイドイン(カット打ち)によるスライスを防止できます。

左目でボールを見ると
インパクトで体が開きにくくなります。

ボールのつかまりが強くなります。
スライスを軽減する効果があります。


(3)左目でボールを”ボヤッ”と見る

左目だけでボールを見るのですが
「凝視」をしないようにしましょう。

ボールを凝視すると
腕や方に力が入りやすいです。

腕や手の力に頼ったスイングになりがちです。

ボール付近をボヤッとみる
感じにすると「打つ」という意識が減ります。


力を抜くには「ボールを打つ」より
「クラブを振る」という意識がオススメです。


 * * *

ドライバーの飛距離アップの方法をご紹介しました。

もしあなたが

・スライスする傾向がある
・バックスイングで肩の回転が不足しがち

という場合は

「左目でボールを”ボヤッ”と見る」
をお試しください。

ボールのつかまりが良くなり
無駄な力みも取れやすいです。

ほんのちょっとしたコツで
飛距離が伸びるケースもありますよ。

応援しています!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。