jpg2
FROM:アオイ
札幌の自宅より

「どうすればグリーン周りのミスを減らせるのか?」

メルマガ読者さんからこんな質問をいただきました。

=========================
ゴルフ仲間から「いつも難しいアプローチを残すね」
と言われます。
言われてみれば無理をして自滅している気がします。
スコアを崩さないグリーンの狙い方を教えてください。
=========================

スコアが上手い人は、グリーンの狙い方が上手いです。

グリーンの狙い方にコツがあり
知っていると大叩きを防げます。

ということで今日は
「スコアを崩さないグリーンの狙い方」
をシェアします。

「グリーン周りで大叩きになる」
「難しいアプローチが残る」

という場合は必見です。


■スコアを崩さないグリーンの狙い方

(1)自分の実力以上のショットを求めない

大切なのは
「自分の実力以上のショットを求めない」
ということ。

たとえば、、、ドライバーが飛ばなくて

セカンドショットで180ヤードの
長い距離が残ったとします。

グリーンは受けていて
左右に深いバンカーがあります。

グリーンの奥にいくと
難しいアプローチが残ります。

「FW、UT、ロングアイアンならなんとか届く」
という状況です。

あなたならどうしますか?

もし「100切り」「90切り」が目標なら
次の攻め方で十分です。


・セカンドショットを6番、7番アイアンで
 グリーン手前の広い場所に打つ。

・30−50ヤードのアプローチでは
 無理にピンをねらわずに「グリーンに乗せる」だけを守る

 (プレッシャーが減ると、自然に打てて
  カップに寄るケースは多いです)

・ファーストパットは長めでも
 2パットでホールアウト

これでボギーです。


消極的だと思うかもしれませんが
ゴルフは「ミスを減らした人が勝つゲーム」です。

もし180ヤードを正確に打てるなら
当然、グリーンをねらいます。

180ヤードを正確に打てず
グリーンまわりが難しい状況なら

「一番、スコアを崩さない方法」
を探しましょう。

「自分の実力以上のショットを求めない」
を守ってゲームプランを作れば

大幅なスコアアップを期待できますよ。


(2)「アプローチの苦手意識」から無理をしてしまう

実は「アプローチが苦手」という人ほど
グリーン周りで難しい状況になりやすいです。

アプローチに苦手意識があると
アプローチをしたくありません。

セカンドショットが難しい状況でも
無理にグリーンを狙います。

たとえば、、、ドライバーが飛ばなくて

セカンドショットで180ヤードの
長い距離が残ったとします。

受けグリーンで左右に深いバンカーがあります。

グリーンの奥にいくと
難しいアプローチが残ります。


「FW、UT、ロングアイアンならなんとか届く」
という状況です。

アプローチに苦手意識がある人ほど
無理をしがちです。

FW、UT、ロングアイアンでグリーンを狙った場合、
パーオンする確率はとても低いです。

練習場の平らな場所なら上手く打てても
コースの傾斜面からだと難易度は大幅にアップするからです。

グリーンを外した場所が花道なら良いですが、、、

グリーンを狙ってグリーンを外すと
難しい状況になりやすいです。

大抵、そのようにコースは設計されています。

アゴの高いバンカーに入ったり
深いラフに入ったり、急な傾斜に止まったり

難しいグリーン奥からのアプローチが残ったり

難しい状況から打つ技術がないので
大きなミスにつながります。

こんな悪循環です。

・アプローチの苦手意識により
 セカンドショットで無理にグリーンを狙う。

 ↓

・グリーンを外しやすく、難しいアプローチが残る。

 ↓

・難しい状況から寄せる技術がないので
 簡単にダボ、トリの大叩き

 ↓

・大叩きになり、アプローチの苦手意識がさらに強くなる


このようにアプローチに苦手があると
スコアダウンの悪循環にはまりやすいのです。


(3)アプローチが得意なら無理をしなくてすむ

アプローチが上手いゴルファーは
セカンドショットで無理をする必要がありません。

無理にグリーンを狙わず花道でも良いと考えます。

グリーンと優しい花道を含めた広い範囲を狙えるので
ターゲットが広くなります。

すると一気に楽なゴルフになります。

グリーンを外しても優しいアプローチが残り
楽々パーを取れるのです。

アプローチが上手いゴルファーは
楽々パー、悪くてもボギーです。

アプローチが苦手な人は
無理をしてダブルボギー、トリプルボギーになる。

アプローチが得意な人は
安全にパーを取る。悪くてもボギーになる。

18ホールでとんでもない差になるのです。

 * * *

スコアを崩さないグリーンの狙い方をご紹介しました。

(1)自分の実力以上のショットを求めない
(2)「アプローチの苦手意識」から無理をしてしまう
(3)アプローチが得意なら無理をしなくてすむ

多くのゴルファーは
無理をするためにスコアを崩しています。

練習場では上手く打てても
コースは難易度があがります

コースでは練習場とちがい打ち直しができません。
一発勝負になります。

コースでは「斜面」や「ラフ」や「風」があります。

練習場に比べて狙った場所に打てる確率は
大きく下がります。

「成功率が60%以下のショットは無理をしない」

を徹底するとスコアがまとまりますよ。

「アプローチが得意」という気持ちを持てると
無理をせずにスコアをまとめやすくなります。

参考になれば幸いです。



■追伸

「スコアの70%はピンから120ヤード以内で打たれる。
だから、アプローチとパットを重点的に練習すべきだ」

と言ったのは史上最高のゴルファーとも称される
ジャック・二クラウス。

あなたはどう思いますか?




■追伸2

Kさんは「アプローチのミスが多い」
と悩んでいました。

いろいろなゴルフ教材を試しても成果がでない。

ある方法を試したところ
アプローチが安定するようになったそうです。

その方法とは?

忙しいゴルファーが少ない練習でアプローチを上達する方法




■追伸3

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。