dr1

FROM:アオイ
札幌の自宅より


「ヘッドスピードを上げるには、どんな練習が良いのか?」

もしあなたが
「飛距離がでない」「ヘッドスピードがでない」
と悩んでいるなら

今回の記事が参考になるでしょう。

ヘッドスピードがあがると
ドライバー、アイアン、FWなど

全てのクラブの飛距離が伸びます。

短いクラブを使えるようになるので
パーオンしやすくなります。

ということで今日は
「ヘッドスピードをあげる練習方法」
をシェアします。


■ヘッドスピードがあがらない理由

ヘッドスピードがあがらない大きな原因が

「ボールを上げようとして
 体重が右足に残ったままヒットしている」

「すくい打ち」と呼ばれるスイングです。
腕の力にたよったスイングになりやすいです。

私達は腕の力に頼ったスイングをすると
体の大きな筋肉の力を使えなくなります。


練習場では上手く打てても
コースにでるとすくい打ちになるケースも多いです。

伝説のゴルファーであるボビー・ジョーンズも
次のように言っています。

「全てのゴルフスイングは下向きにボールを打つもので
 すくい上げる打ち方は無い」

すくい打ちはミスショットの大きな原因の1つですし
飛距離も落ちます。

インパクトからフォローにかけて
左足に体重を乗せられると良いです。



■ヘッドスピードをあげる練習方法

(1)左足を踏み込むと自然な体重移動ができる

トップから左足を踏み込むと
体重が自然に左足に移動します。

体重を左足に乗せながらインパクトします。

iron_down_hidari


インパクトで左足に体重が乗ると
力強いボールを打てます。


(2)左足踏み込み素振り

左足で踏み込む動作を覚える
オススメのドリルがあります。

「左足踏み込み素振り」です。

ボールが目の前にあると
「ボールを打つ」
という意識が強くなりやすいので

素振りで動きを身につけます。

・バックスイングで左足のかかとを少し上げます

・ダウンスイングで左足を踏み込みます

・フォローで左足1本に体重を乗せます

スムーズな体重移動とクラブの重さを活かした
スイングが身につきます。

ボールを打つ場合は
「素振り」と「ボールを打つ」を
交互に行なうと効果的
です。

 * * *


ヘッドスピードをあげる練習方法をご紹介しました。

(1)左足を踏み込むと自然な体重移動ができる
(2)左足踏み込み素振り

もしあなたが

「飛距離がでない」「フィニッシュで右に体重が残る」

と感じるならこのドリルはオススメです。

はじめはハーフスイングから行っても良いです。

ヘッドスピードがあがるとドライバー、アイアン、FWなど
全てのクラブの飛距離が伸びます。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ。

応援しています!




■追伸

今回の練習ドリルはヘッドスピードアップだけでなく
すくい打ちを直す効果が高いです。

アイアンのダフリ防止にも効果的です。

参考になれば幸いです。



■追伸2

1分間ゴルフ上達実践会のメンバーの方へ

新しいレポートをメンバーページにアップしたので
時間のある時にご確認ください。

「ドライバーミート率アップ(アドレス編)」 というレポートです。

ミート率を高めるための重要ポイントをご紹介しています。


※1分間ゴルフ上達実践会はアオイが直接サポートする
少人数制のプログラムです。
いつもは募集をしていません。機会があればご参加ください。



■追伸3

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援がはげみになります。