apr2

FROM:アオイ
札幌の自宅より


「ダフらないトップしないアプローチの打ち方とは?」


スコアが良い人は
アプローチが上手いです。

アプローチで多いミスがダフリとトップです。

「グリーンの近くまで順調にきたのに
 花道から"ざっくり"でグリーンに届かない」

「アプローチのトップで大オーバー」

そんなことってありますよね。

私達ゴルファーにとって
アプローチのミスは辛いです。

アプローチが上手くなると
大幅なスコアアップを期待できますよ。

ということで今日は
「ダフらないトップしないアプローチの打ち方」
をシェアします。


■ダフらないトップしないアプローチの打ち方

(1)手首を使いすぎていないかチェック

ダフリ、トップにはいくつか原因がありますが
おおきな原因の1つが

「手首の使いすぎ」です。

アプローチのダフリ、トップが多いなら
手首を使いすぎていないかチェックしましょう。


15ヤード程度の小さなアプローチをしてみましょう。

で、、、

フォローの時点で一旦停止してください。

そのままの手首の形で
「スーッ」とアドレスまで戻します。

手首の角度がアドレス時と同じならokです。

距離が長くなるほど
すこしずつ手首の動きも発生しますが

15ヤードの小さなアプローチで
手首の角度が変わっているなら手首の使いすぎです。


(2)右手片手打ちドリルがオススメ

手首の角度を変えないためのドリルをご紹介します。

オススメは「右手の片手打ち」です。

通常どおりにアドレスします。

左手をグリップから外し、右胸をおさえます。

右腕の上腕をおさえても良いです。
上半身の回転で打つ感覚をつかみやすいです。

手首の角度をキープして「肩の回転」で打ちます。

左足重心をキープします。

最初は素振りで感覚をつかみます。

手首の角度を変えずに素振りができたら
ボールを打ちます。

ボールを打つ場合は
「素振り」と「ボールを打つ」を
交互に行なうと効果的です。


 * * *

ダフらないトップしないアプローチの打ち方
ご紹介しました。

(1)手首を使いすぎていないかチェック
(2)右手片手打ちドリルがオススメ
(3)「素振り」と「ボールを打つ」を交互に行なう

アプローチが上手くなると
大幅なスコアアップを期待できますよ。

もしあなたが「アプローチのミスが多い」と
悩んでいるなら

アプローチの練習に集中してはどうでしょうか?
大幅なスコアアップを期待できます。

あなたのスコアはまだまだ伸びますよ。
応援しています!



■追伸

「チップショットこそ、ゴルフにおいて
 もっともストロークを節約するものである。

 今もそうだが、私がまだアイアンで失敗ばかりしていた頃
 このチップショットに励んだものだ。
 そうでなかったらもっと多くのストロークを
 失っていたに違いない」

と言ったのはマスターズの創始者であり
球聖と呼ばれたボビー・ジョーンズ。

チップショットとはボールが空中を飛んでいる距離より
転がる距離の長いショットです。

ほとんどのゴルファーがグリーンの近くで
スコアを損しています。

参考になれば幸いです。



■追伸2

Kさんは「アプローチのミスが多い」
と悩んでいました。

いろいろなゴルフ教材を試しても成果がでない。

あまり練習時間がなくレッスンも受けられない。

ある方法を試したところ
アプローチが安定するようになったそうです。

その方法とは?

忙しいゴルファーが少ない練習でアプローチを上達する方法




■追伸3

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。