dr_tame
FROM:アオイ
札幌の自宅より


「捕まったボールを打ち飛距離を伸ばすには、どんな練習が良いのか?」

もしあなたが
「飛距離がでない」「ボールがつかまらない」
と悩んでいるなら

今回の記事が参考になるでしょう。

ボールを捕まえ、飛距離を伸ばすには
フェースローテーションが必要です。

ということで今日は
「フェースローテーションで飛距離を伸ばすドリル」
をシェアします。


■フェースローテーションとは

「バックスイングでフェースが開く
インパクトからフォローで閉じる」

この動きをフェースローテーションといいます。

飛距離をだすために
必要な動きです。

フェースローテーションは手首の動きなく
腕の動きで行うと安定します。


■「左肘が引ける」は飛距離ロスの大きな原因

多くの方が「フォローで左肘が引ける」という動きのため
飛距離をロスしています。

ローテーションが上手く出来ていない状態です。

素振りで良いので
チェックしてみてください。

「フォローで左肘が上手くたためない」

「フォローで左肘が曲がり体の正面からはずれる」

という場合は「左肘の引け」により
飛距離をロスしている可能性が高いです。



■フェースローテーションで飛距離を伸ばすドリル

(1)アドレスで肘の力を抜く、内側にむける

フェースローテーションを正しく行うには
アドレスが重要です。

・両脇を軽くしめる

・両肘を軽く内側に向ける(外に向けると肘が引けやすいです)

・グリップ、肘から力を抜く(手に力が入ると肘がつっぱりやすいです)

「両腕の上腕を胸の上に乗せる」
というイメージがわかりやすいかもしれません。


(2)スプリットハンドドリルで感覚をつかむ

フォローに向かって「右上腕が左腕を追い越す」という
感覚をつかみたいです。

腕の使い方をマスターするのが目的です。

ローテーションをマスターするには
腰から腰の小さなスイングで行います。

両足はベタ足にすると良いです。

下半身の動きが制限されて
腕の動きに集中できます。

両手を離したスプリットハンドで行うと
効果的です。

両手をくっつけずに
少しはなしてグリップします。

「スプリットハンドのドリルは初心者向け」
という印象があるかもしれませんが

中上級者にもオススメです。
ツアープロも実践するドリルです。

ボールを打たずに連続素振りで
腕の使い方をマスターしましょう。

腕の力を抜いてスイングできるように練習しましょう。
飛距離アップにつながります。


 * * *

フェースローテーションで飛距離を伸ばすドリル
ご紹介しました。

(1)アドレスで肘の力を抜く、内側にむける
(2)スプリットハンドドリルで感覚をつかむ


もしあなたが

「飛距離がでない」「スライスになる」「ボールが捕まらない」

と感じるならこのドリルはオススメです。

はじめは「素振り」、「ハーフスイング」から行っても良いです。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ。

応援しています!




■追伸

今までよりフェースローテーションを意識すると
チーピンになるケースがあります。

チーピンになるのはインパクトで
フェースがかぶっている状態です。

その場合は2つの対策があります。

・フェースローテーションを弱める
・「体の回転」を早くする

体の回転を早くして狙った方向に飛ぶようになれば
大きな飛距離アップにつながります。



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。