iron_ball

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「なぜ、アイアンショットで右に飛ぶのか?」

もしあなたが「アイアンショットで右に飛ぶ」
悩んでいるなら

今回の記事がお役に立てるでしょう。


先日、こんな質問を頂きました。

====================
アイアンショットが右に飛びます。

グリーン手前の右のバンカーに入りスコアを崩します。
アドレスの方向は十分にチェックしています。

良い方法はないでしょうか?
====================


アイアンで狙った場所に打てると
パーオンが増えます。

スイングを直さずにアイアンの精度をあげる
シンプルな方法があります。

ということで今日は
「"アイアンが右に飛ぶ"を直すアドレスの注意点」
をシェアします。


■「アイアンが右に飛ぶ」を直すアドレスの注意点

(1)アドレス時点でフェースが開いていないか?

「アイアンが右に飛ぶ」の原因はいくつかあります。

意外と多いのがコレ

「アドレス時点でフェースが開いている」

アドレスでフェースが開いているので
インパクトでもフェースが開きます。

フェースが右を向いているので
ボールが右に飛びます。

つかまりが悪くなり
すこし飛距離がおちます。

すると右手前のバンカーにつかまりやすくなります。

アイアンは構造上、ポンと地面におくと
少しだけフェースが右を向きやすいです。

このことに気づいていないゴルファーは多いです。

「アイアンショットで右に飛ぶ」と感じたら

「アドレスでフェースが開いていないか?」

をチェックしてみてください。

アドレス時点でフェースを閉じると
ボールのつかまりがよくなります。

フェースが左にむくほどロフトが立ち
飛距離もアップします。


(2)フェースが開いているかチェックする方法

フェースが開いているのか
簡単にチェックする方法があります。

小さなスイングでボールが飛ぶ方向をチェックすると
問題を見つけやすいです。

腰から腰の小さなスイングをします。

(もっと小さなスイングでも良いです)

アイアンで軽く「ポーン」とボールを打ちます。

小さなスイングでは
アドレスとインパクトのフェース面が変わりにくいです。

アドレス時にフェースが開いていれば
インパクトでもフェースが開きます。

フェースが開いていれば
ボールは狙いよりも右に飛びます。

アドレスでフェースが開いていても
フェースターンができるならドローを打てます。

そのように打つプロもいます。

しかし練習量が少ないと難しいです。

「アドレス時点でフェースを開かない」がオススメです。

アイアンショットがいつも右に飛ぶなら

アドレス時点でフェースが開いている可能性が高いです。


(3)フェースが目標の少し左を向くようにアドレス

いつもより少しフェースを閉じてみましょう。

「リーディングエッジをいつもより少し左に向ける」
をお試しください。
iron_face


「アイアンショットが右に飛ぶ」を防止できます。

「リーディングエッジはスクエアが基本でしょ!」
と思うかもしれません。

少しオープンに構えるプロもいます。
少しクローズに構えるプロもいます。

スクエアのつもりでオープンにかまえている人は多いです。

まずは練習場でお試しください。


 * * *

「アイアンが右に飛ぶ」を直すアドレスの注意点を
ご紹介しました。

「アイアンショットでボールが右に飛ぶ」と感じたら

「アドレスでフェースが開いていないか?」

をチェックしてみてください。

スイングを直さず
「アドレス時にフェースを少し閉じる」
だけです。

飛距離も伸びます。
スライスを軽減する効果もあります。

ゴルフってちょっとしたコツで
悩みが解決することも多いです。

あなたのスコアはまだまだ伸ばせますよ。

応援しています!



■追伸

「振り幅の小さなスイング」は
スイングチェックに便利です。

ごまかしができないからです。

参考になれば幸いです。



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。