dr_ad
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「ドライバーの飛距離を伸ばすには、どんな練習が良いのか?」

もしあなたが
「ドライバーの飛距離がでない」
と悩んでいるなら

今回の記事が参考になるでしょう。

飛距離を伸ばすには
大きくわけて2つの練習方法があります。

ということで今日は
「あなたの飛距離を伸ばす2つの方法」
をシェアします。


■女子プロが飛ぶのはミート率が高いから

女子プロと男子アマのヘッドスピードはほぼおなじです。

「なぜ女子プロはヘッドスピードが遅いのに飛ぶのか?」

その秘密は「ミート率」にあります。

ちなみにアマチュアとプロのミート率を比べると次のようになります。

・一般的なアマチュア 1.3
・トップアマ 1.4
・プロゴルファー 1.4〜1.5 (※トッププロで1.48)

ミート率を1.5に近づけるほど飛距離が伸びるわけです。


■男子プロが飛ぶのはヘッドスピードも速いから

男子プロは300ヤードを超える選手も多いです。

「なぜ男子プロはあれほど飛ぶのか?」

その秘密は「高いミート率」と
「速いヘッドスピード」にあります。

ちなみにアマチュアとプロのヘッドスピードを
比べると次のようになります。

・アマチュア男性・女子プロ 40m/s 
・アマチュアハードヒッター 45m/s
・プロゴルファー  48m/s以上

(※わかりやすくするため簡略化しています)

ヘッドスピードが1m/s上がると
飛距離が5〜6ヤード伸びます。


■あなたの飛距離を伸ばす最短ルートは?

あなたのミート率、ヘッドスピード、飛距離が
どのくらいなのかチェックしてみてください。

(1)ミート率が1.3なら

39m/s×1.3(ミート率)×4=202.8ヤード
40m/s×1.3(ミート率)×4=208ヤード
41m/s×1.3(ミート率)×4=213.2ヤード
42m/s×1.3(ミート率)×4=218.4ヤード
43m/s×1.3(ミート率)×4=223.6ヤード
44m/s×1.3(ミート率)×4=228.8ヤード
45m/s×1.3(ミート率)×4=234ヤード

になります。(※わかりやすくするため簡略化しています)

(2)ミート率が1.5なら

39m/s×1.5(ミート率)×4=234ヤード
40m/s×1.5(ミート率)×4=240ヤード
41m/s×1.5(ミート率)×4=246ヤード
42m/s×1.5(ミート率)×4=252ヤード
43m/s×1.5(ミート率)×4=258ヤード
44m/s×1.5(ミート率)×4=264ヤード
45m/s×1.5(ミート率)×4=270ヤード

になります。(※わかりやすくするため簡略化しています)

一覧にすると次のようになります。
hikyori_itiran


■ヘッドスピードを伸ばす?ミート率を伸ばす?

ミート率を1.5以上にするのは現実的ではありません。
あなたが飛距離を伸ばすやるべきことは以下です。

・もしあなたのミート率が1.3かそれ以下なら

飛距離を伸ばすにはヘッドスピードを上げるより
ミート率を高める方が近道です。

・もしあなたのミート率が1.5に近いなら

飛距離を伸ばすにはヘッドスピードを上げるしかないです。
1.4を越えたら合格ラインです。
ヘッドスピードアップに着手しましょう。

一般的にヘッドスピードの割に
飛距離がでていない傾向があります。

まずはミート率を高めてから
ヘッドスピードをあげると良いです。


2つのパターンの練習方法は
こちらの記事も参考にしてください。



ヘッドスピードをあげる練習方法


ドライバーの芯でインパクトする練習ドリル


あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ。

応援しています!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。



■追伸2

飛距離アップに特化した企画を考えています。

詳細が決まりましたら
メルマガでご連絡しますね。