keisya_green
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「つま先上がりからパーオンできない・・・」


先日、こんな質問を頂きました。

=====================
つま先上がりの斜面から上手く打てません。
グリーンまでの距離が短くてもパーオンできません。

左へのひっかけが多いです。
何か対策はないでしょうか?
=====================


もしあなたも
「つま先上がりでパーオンできない」
と悩んでいるなら

今回の記事が参考になるでしょう。

日本のゴルフコースの8割以上は
丘陵コースです。

セカンドショットはほぼ毎回
斜面からショットを打つことになります。

斜面からの打ち方をしらないと
狙った場所に打てません。

斜面に応じたショットを打てると
パーオンを増やせますよ。

ということで今日は
「つま先上がりからパーオンする方法」
をシェアします。


■コースに出るとアイアンの方向性が安定しない理由

コースに出るとアイアンの方向性が悪くなる理由は
いくつかあります。

その中でも影響が大きいのは「斜面」です。

・つま先上がりは「左」に飛びやすくなります。
・つま先下がりは「右」に飛びやすくなります。


■「つま先上がり」からパーオンする方法

つま先上がりはポイントを知っていれば
難しいショットではありません。


(1)クラブを短く持つ

つま先あがりは傾斜により
ボールが体に近づきます。

傾斜の分だけクラブを短く持ちましょう。

グリップの真ん中や
もっと短くグリップしても良いです。


(2)大きめのクラブを使う

クラブを短く持つので
飛距離が落ちます。

1番手大きめのクラブを使いましょう。

特に注意が必要なのは
「短い距離のつま先上がり」です。

アイアンは短いクラブほど左に飛びやすいです。

さらに、

つま先上がりは左に飛びやすくなるので

「短い距離のつま先上がり」は
グリーンの左にはずす確率が大きくなります。


解決策は「大きめのクラブ」を使うこと

距離に対して
1つ、2つ上の番手を使います。

たとえば「残り120ヤードでつま先あがり」だとします。

9番アイアンで120ヤード飛ぶとします。

8番アイアン、7番アイアンを使います。


(3)大きめのクラブを使うかわりに振り幅を小さくする

大きめのクラブでフルスイングをすると
飛びすぎてしまいます。

飛距離がでやすいので
スイングを小さくします。

「短い距離でつま先上がりは
 長いクラブを使い、小さな振り幅で打つ」

これがポイントです。


(4)フックを想定して右を狙う

つま先あがりは、フックになりやすいです。

傾斜の度合いに応じて
目標を右に設定しましょう。

 * * *

「つま先上がり」からパーオンする方法
ご紹介しました。

(1)クラブを短く持つ
(2)大きめのクラブを使う
(3)大きめのクラブを使うかわりに、振り幅を小さくする
(4)フックを想定して右を狙う

斜面の打ち方を1つ1つマスターしましょう。

斜面から狙った場所に打てると
大幅なスコアアップを期待できます。

ちょっとしたコツをしれば
あなたのスコアは良くなります。

参考になれば幸いです!



■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。