swing_top

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「どうすれば飛距離が伸びるのか?」


「上半身の回し方」を意識するだけで
飛距離がアップすることもあります。

ということで今日は
「飛距離が伸びる上半身の回し方」
をシェアします。


■飛距離が伸びる上半身の回し方

飛ばしのパワーの源はバックスイングでの捻転(腰と肩の回転の差)です。



(1)背中がターゲットを向くまでしっかりと肩を回転させる

背中がターゲットを向くまで上半身を回しましょう。
dr_top


「左肩をまわす」を意識すると
スウェーになる方も多いです。

その場合は

「右肩を後ろに引く」を意識すると
スウェーを防止できます。


(2)上半身の力を抜くと肩の回転が深くなる

上半身の無駄な力みをとると
バックスイングの捻転が大きくなりやすいです。

アドレス時に「胸」「肩」「背中」など
上半身から力を抜きましょう。

バックスイングの捻転が大きくなりやすいです。


力みを取る方法はこちらも参考にしてください。

ドライバーの飛ばし方(力みを取るシンプルな方法)



(3)下半身は耐える(右ヒザをたえる)

テークバックで下半身が動かないようにたえましょう。

捻転(腰と肩の回転の差)が大きくなり飛距離が伸びます。

トップできつくなりますがそれがパワーの源です。

重要なのは「右ヒザをたえる」です。

テークバックで右ヒザをたえるとスウェーを防止できます。

飛距離も伸びますし、ダフリやトップも防止できます。


「下半身のたえ」はこちらも参考にしてください。

ドライバーのミート率を高める方法("右膝"をイカリにする)



 * * *

飛距離が伸びる上半身の回し方
ご紹介しました。

(1)背中がターゲットを向くまでしっかりと肩を回転させる
(2)上半身の力を抜くと肩の回転が深くなる
(3)下半身は耐える(右ヒザをたえる)

上半身から力を抜くと
捻転差が大きくなりやすいです。

少しの差が大きな飛距離アップにつながります。

飛距離を伸ばす方法はいろいろあります。

大切なことは
「あなたの飛距離はまだまだ伸びる」
ということ。

応援しています!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。