apr2

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

もしあなたが「15ヤードの短いアプローチが寄らない」
と悩んでいるなら

今回の記事が役に立つでしょう。

短いアプローチで寄せワンを増やす
簡単な方法をご紹介します。

グリーンまわりが楽になりますよ。

ということで今日は
「15ヤードのアプローチの方向性が良くなる左手の甲の使い方」
をシェアします。


■15ヤードのアプローチの方向性が良くなる左手の甲の使い方

(1)フェース面の向きにボールは飛ぶ

アプローチを寄せるには
距離感も大事ですが

「狙った方向に毎回打てる」が重要です。

短いアプローチはアドレスと
インパクトは同じ形になります。

狙った方向に飛ばないのは
フェースの向きが変わるからです。

フェース面が変わらなければ
狙った方向にボールは飛びます。


(2)左手の甲をフェース面としてイメージする

フェース面を安定させる簡単な方法があります。

やり方は簡単

「左手の甲をフェース面としてイメージする」

「左手の甲の向きを変えないように
 左腕で掃くようにスイングする」

これだけです。

アプローチの距離感を良くするために
「ボールを右手で投げるイメージ」
という方法があります。

この方法は距離感をイメージしやすいのですが
手首が動きやすくなり方向性がブレやすくなります。

左手甲をフェース面としてイメージすると
手首の動きもおさえられます。

手首の動きが少なくなるので
入射角が安定してダフリ、トップにもなりにくいです。

フェース面の向きが変わりにくいので
狙った方向に打てるようになります。

 * * *

15ヤードのアプローチの方向性が良くなる左手の甲の使い方
ご紹介しました。

(1)フェース面の向きにボールは飛ぶ
(2)左手の甲をフェース面としてイメージする

短いアプローチの方向性が安定しますよ。

参考になれば幸いです。




■追伸

短いアプローチのミスを減らす簡単な方法は
こちらの記事も参考にしてください。

15ヤードのアプローチが簡単になる打ち方

今回の記事とあわせて実践すると効果的です。



■ 追伸2

トム・カイトや、ベンクレショーを育てた
伝説のレッスンプロ、ハーヴィー・ペニックは

「ショートゲームの練習こそスコアを5つ縮める方法」

と言っています。

アプローチの練習にスコアアップの近道があります。



■追伸3

アプローチ上達する方法はこちらでも
詳しくご紹介しています。

アプローチ上達するシンプルな方法

参考になれば幸いです。