grip_hutari

FROM:アオイ
室蘭のホテルより、、、

『無駄な力みが取れない・・・』

優秀なメルマガ読者である
あなたもご存知のとおり、、、

スイング中の力みは、
あらゆるミスの原因になります。

たとえば、、、

・リズムが早くなりショットの方向性が安定しない
・肩の回転が浅くなり、距離が落ちる
・手首のリリースができずヘッドスピード落ちる

など、、、

「無駄な力み」をとれば
飛距離が伸びショットが安定します。

ということで今日は
「無駄な力みを取るドリル(グリップにタオルを巻く)」
をシェアします。


■無駄な力みを取るドリル(グリップにタオルを巻く)

飛距離のでない原因の1つが
グリップを「ギュッ!」と強く握っていること。

グリップを強く握ると腕や肩に力が入ります。

グリップをソフトにすると肩や腕の力が抜けて
ヘッドが走り飛距離がアップします。

グリップの力みを取る簡単なドリルをご紹介します。


(1)グリップにタオルを巻いて素振り

力んでいる場合はグリップが
強くなっているケースが多いです。

グリップをゆるくするには
「タオルをグリップに巻いて素振り」
がオススメです。

タオルを巻くとグリップが太くなります。

力を入れて握りにくくなります。

グリップ、手首、腕、肩から力を抜いた状態で
素振りをします。

「飛ばすためには、アドレス時に上半身から力を抜く」
と覚えておいても良いです。

PWなどショートアイアンを使うと
クラブの重さを使ったスイングができます。

PWのグリップにタオルを巻いた状態で
素振りをしましょう。

タオルが無い時はヘッドカバーをグリップ側に
つけても良いです。


(2)通常のショットをする

素振りで感覚をつかんでから
次はいつもどおりにボールを打ちます。

タオルを巻いたときのイメージでボールを打つと
無駄な力をいれずにボールを打てます。

「グリップから力を抜いた方が飛ぶ」
体感できます。

この感覚になれると「飛ばそう」と思った時に
力みを取りやすくなります。

 * * *

無駄な力みを取るドリル(グリップにタオルを巻く)
をご紹介しました。

「グリップは小鳥を握りつぶさないように」
といったのはベン・ホーガン。

強すぎるグリップは
飛距離をロスする原因の1つです。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ。

応援しています!



■追伸

昨日は室蘭でラウンドしてきました。
紅葉が素晴らしかったです。



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。