dr_ad

FROM:アオイ
札幌の自宅より


「どうすれば、ドライバーのダフリを直せるのか?」

先日、こんな質問をいただきました。

もしあなたも
「ドライバーでボールの手前の地面を叩く」
と悩んでいるなら

今回の記事が参考になるでしょう。

ドライバーのダフリを直す
簡単なコツがあります。

ということで今日は
「ドライバーのダフリを直す方法」
をシェアします。

■ドライバーのダフリを直す方法

ドライバーでボールの手前をたたく一番の原因は

「ダウンスイングで上半身が右に傾く」です。

アッパー軌道が強くなり
ボールの手前の地面をたたきます。

「ボールを上げよう」という気持ちも
ダフリの原因になります。

無意識にアッパースイングが強くなり
手前をダフリやすいです。


(1)右に上半身が傾いていないかチェック

まずは現状チェックです。

正面からスイングを撮影し

「ダウンスイングで右に上半身が傾いていないか」

をチェックしてください。


(2)ティーアップを低くして練習(飛ばさなくてOK)

過度なアッパースイングを直すドリルを2つご紹介します。

・地面に置いたボールをドライバーで打つ(直ドラ)

・ティーアップを低くしてボールを打つ練習

ボールが低い位置にあるので
自然にアッパー軌道を防止できます。

ボールはクラブのロフトが上げてくれます。

スイングで上げようとしてはいけません。
ショットが安定しなくなります。

払い打ちのイメージでボールを打ちます。

「ポーン、ポーン」と軽く打ちましょう。

この練習時はボールを飛ばす必要はありません。

スイング軌道を整えるのが目的ですので
飛距離は100ヤードくらいで十分です。

 * * *

ドライバーのダフリを直す方法
ご紹介しました。

(1)右に上半身が傾いていないかチェック
(2)ティーアップを低くして練習(飛ばさなくてOK)

ティーショットが安定すると
ゴルフが楽になりますよ。

「ドライバーの大きなミスが出る」という場合は
「スイング軌道を整える」を優先しましょう。

スイング軌道が整えば
芯で捉えやすくなり飛距離も伸びますよ。

参考になれば幸いです。




■追伸

練習場のボールは3割ほど高さが低くなります。

「練習場では低いボールが正解」と考えましょう。

練習場でボールを上げようとすると
アッパー軌道が強くなります。

1階打席はボールをあげたいという
気持ちが強くなりやすくアッパー軌道が強くなります。

アッパー軌道を直す場合は
練習打席は2階がオススメです。




■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。