dahuri2

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「中途半端な距離をアイアンで打つにはどうする?」

先日、こんな質問をいただきました。

もしあなたも
「アイアンで中途半端な距離を打てない」
と悩んでいるなら

今回の記事が参考になるでしょう。

たとえば残り距離145ヤード

7番のフルショットが150ヤード
8番だと140ヤード

あなたならどうしますか?

中途半端な距離を打ち分ける
簡単な方法があります。

ということで今日は
「中途半端な距離をアイアンで打ち分ける方法」
をシェアします。


■中途半端な距離をアイアンで打ち分ける方法

(1)通常より「+5ヤード」の打ち方

アイアンショットで通常よりも5ヤード飛距離を伸ばすには
次の方法があります。

・スイングスピードを少し強める
(リズムを少し早くする)

・インパクトを強めにする

・スタンスを少し広めにする

・ボールを少し右に移動する(ロフトが立つので飛距離がでる)

など、、、どれを選んでも良いです。

自分の感覚にあう方法を見つけましょう。


(2)通常より「−5ヤード」の打ち方

アイアンショットで通常よりも5ヤード飛距離を落とすには
次の方法があります。

・スイング幅を小さくする

・クラブを短く持つ

・「ベロ出しショット」でインパクトを弱める


など、、、どれを選んでも良いです。

自分の感覚にあう方法を見つけましょう。


(3)普段から中途半端な距離を練習しておく

大切なことは

「練習時から中途半端な距離を打つ練習をしておく」

ということ。

実際のラウンドではフルスイングで
ピッタリの距離になる方が珍しいです。

距離を打ち分ける練習をしていないと
「軽くふったらむしろ飛んだ」
というケースもあります。

中途半端な距離を打つ練習は
必ずスコアアップにつながりますよ。


 * * *

中途半端な距離をアイアンで打ち分ける方法を
ご紹介しました。

アイアンは「飛ばすクラブ」ではなく
「狙うクラブ」です。

「狙った距離、狙った場所」に打てるように
練習しましょう。

熱心なあなたは
「そんなの当たり前だよ!」
と思うかもしれませんが

多くの方が練習場にいくと

「アイアンでも、もっと飛ばしたい」

と思いがちです。

飛距離を伸ばす練習も良いですが

「アイアンで狙った距離を打つ」
という練習もしましょう。

パーオンが増えて
スコアアップにつながりますよ。

応援しています!



■追伸

個人差がありますが

「短いクラブでいつもより飛ばす」より

「長めのクラブでコントロールする」
がオススメです。

その方が上手くいく確率は高いです。



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。