dr_ad

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「どうすれば飛距離を伸ばせるのか?」

もしあなたが
「ドライバーの飛距離がでない」
と悩んでいるなら

今回の記事が参考になるでしょう。

飛距離を伸ばすには
大きくわけて3つのステップがあります。

ということで今日は
「飛距離を伸ばす3つのステップ」
をシェアします。



■飛距離を伸ばす3つのステップ

飛距離を伸ばすには
主に3つのステップがあります。

・スライス、フックを直す(曲がりを軽減する)
・ミート率を上げる
・ヘッドスピードを上げる

対応しやすさと、効果の出やすさから
この順番にチェックします。

どれも密接に関係しているのですが

わかりやすく3つに分解して
考えますね。


(1)スライス、フックを直す(曲がりを軽減する)

スライスは初心者に多く
フックは中級者に多いです。

スライス、フックになると
OBになりやすいですし

飛距離も大きくロスします。

単純に曲がることで
前に飛ぶ距離を減らしていますし

曲がるということは
「フェースの軌道とフェースの向き」
が大きくズレているため

力がボールに伝わりきっていません。

「飛ばない」と悩んでいるときは

「曲がることで飛距離をロスしていないか?」
を確認しましょう。


(2)ミート率を上げる

曲がりが小さくなった(または曲がりが小さい場合)は
ミート率かヘッドスピードをあげます。

一般的にヘッドスピードをあげるより
ミート率を上げた方が簡単です。

もしミート率が1.3以下なら
「ミート率を上げる」を優先します。


(3)ヘッドスピードを上げる

ミート率が1.4以上になったら

ヘッドスピードをあげることで
更に飛距離を伸ばせます。


 * * *

飛距離を伸ばす3つのステップ
ご紹介しました。

(1)スライス、フックを直す(曲がりを軽減する)
(2)ミート率を上げる
(3)ヘッドスピードを上げる

それぞれに具体的な対策をご紹介すると
長くなるので

別の機会にご紹介しようと思います。

大切なことは

「何か問題があるなら、原因を明確にしてから対策をする」

ということ。

スライスやフックで飛距離を落としているなら
ヘッドスピードをあげても
OBのリスクが増えるだけです。

まずは冷静に現状を分析しましょう。

そうすれば

あなたの飛距離はまだまだ伸びますし
ショットも安定し

スコアも良くなりますよ。

応援しています!




■追伸

「優れた結果を得るためには、
 2、3のきわめて重要な目標にフォーカスし、
 単に重要なものは脇によけておかなくてはならない」

と言ったのは

「7つの習慣」の著者である
スティーブン・R・コヴィー博士。

ゴルフも同じです。

私達の時間は限られていますから

優れた結果を得るには
きわめて重要な目標に
「フォーカス」しなければいけません。


スコアアップには「飛距離を伸ばす」よりも
優先すべきことがあるかもしれませんし


「飛距離を伸ばす」が最優先だとしても

飛距離アップの対策にも
優先順位があります。

課題が決まれば
1つ1つの対策は難しくないものです。

参考になれば幸いです。



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。