dr2

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「長いクラブになると振り遅れる」

と悩んでいませんか?

安心してください。

あなただけではないです。

多くのゴルファーが振り遅れで悩んでいます。
(本人が気づいていないケースも多いですが・・・)

振り遅れとはダウンスイングで
腕が上半身に対して遅れている状態。

振り遅れになるとインパクトで
フェースが開きます。

するとスライスになりやすいです。

スライスになると
飛距離を大幅にロスします。

振り遅れを防ぐとスライスが直って
飛距離がアップします。

ということで
「ドライバーの振り遅れを防ぐコツ」
をご紹介します。


■ドライバーの振り遅れを防ぐコツ

(1)トップで背中が目標方向を向くまで回す

振り遅れになる原因はバックスイングにある
ケースが多いです。

バックスイングを腕でヒョイとクラブをあげると
振り遅れになります。

腕でヒョイとクラブをあげると
体の正面からクラブが外れます。

体の正面からクラブが外れると
インパクトまでに戻す必要があります。

一度、体の正面から外れたクラブを
元に戻すのは難しいです。

ではどうすれば良いのか?

バックスイングを腕でなく、
肩の回転で行なうと良いです。

「背中が目標を向くまで、ゆっくりと丁寧にテークバック」

を試してみてください。

腕を体の正面にキープしやすくなり
振り遅れを防止できます。



(2)トップでアゴの下に左肩を入れる

タイガー・ウッズはスイングのトップに
2つチェックポイントがあるそうです。

・トップで背中が目標方向を向いている
・アゴの下の左肩がきている


「背中を目標方向にむける」
をイメージしにくい場合は

「左肩をアゴの下まで回す」
というイメージもオススメです。

腕を体の正面にキープしやすくなり
振り遅れを防止できます。


 * * *

ドライバーの振り遅れの対策を2つご紹介しました。

(1)トップで背中が目標方向を向くまで回す
(2)トップでアゴの下に左肩を入れる

もしあなたが
「振り遅れのためにスライスをしている」
という場合にお試しください。

ほんの少しの意識の変化で
飛距離って伸びるものです。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ!

応援しています!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。