iron_ball

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「アイアンの番手毎の飛距離がでない」

と悩んでいる方は多いです。

あなたも「アイアンの番手ごとの飛距離がでない」
と悩んでいるかもしれませんね。


番手ごとの飛距離をだせる
簡単な方法があります。

ということで今日は
「アイアンで番手ごとの飛距離をだす方法(ハンドファーストの練習)」
をシェアします。


■番手毎の飛距離が出ない理由

「ハンドファーストのインパクトになっていない」

これが番手毎の飛距離がでない
理由の1つです。

グリップの位置がボールよりも左側にある状態を
「ハンドファースト」と言います。

逆にグリップがボールより右にある状態を
「ハンドレート」と言います。

ハンドレートは飛距離が落ちます。
クラブのロフトが寝てしまうからです。

アイアンは1番手ごとに
ロフト角が4度違います。

例えば、ハンドレートで8度分ロフトが寝ると、、、

7番アイアンを使っているのに、
9番アイアンと同じロフトになるわけです。

7番アイアンでボールを打っても
9番アイアンの飛距離になるのです。


■アイアンで番手ごとの飛距離をだす方法(ハンドファーストの練習)

ハンドファーストに打てると
アイアンのダフリが減ります。

番手毎の飛距離がでるようになります。

飛距離も伸びショットも安定します。


即効性があるドリルをご紹介します。

「ボールの後方にヘッドカバーを置く」

というドリルです。


ボールの後方にヘッドカバーを置きます。

そしてアイアンでボールを打ちます。

最初は右足の前におきます。

ヘッドカバーを打ちたくないので
自然と左足に体重がのり

インパクトがハンドファーストになりやすくなります。

ヘッドカバーをボールに近づけるほど
鋭角に打ちたくなります。

「ヘッドカバーを地面に置きたくない」という場合は
2つに折ったタオルでも良いです。

スコアカードを三角に折って置いてもOKです。

最初は素振りで感覚をつかみます。

ハーフスイングではじめると良いです。

素振りで感覚をつかんだら
ボールを打ちます。

「素振り」と「ボールを打つ」を
交互に行なうと効果的です。

  * * *

ハンドファースト練習方法(アイアンの番手ごとの飛距離をだす方法)
ご紹介しました。

ハンドファーストに打てると
アイアンのダフリが減ります。

番手毎の飛距離がでるようになります。

飛距離も伸びショットも安定します。

アイアンのミスを減らせると
パーオンが増えてスコアが良くなりますよ。

大切なのは「あなたのスコアはまだまだ伸びる」ということ。

応援しています!



■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。