dr_ad

FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


上手いプレーヤーは
ドライバーのショットが安定しています。

多少ミスショットを打っても
スコアを大きく崩さずにすみます。

ドライバーが安定すればOBが減ります。

セカンドショットをフェアーウェイから打てます。

パーオンの回数も増えます。
当然、スコアは良くなります。


ということで、今日は、
「ドライバーショットを安定させる練習方法」
をシェアします。


■ドライバーショットを安定させる練習方法

ドライバーの方向性が安定しない
主な2つの理由はコレ

・アドレスで方向性がずれている
・飛ばそうとして「振りすぎ」

この2つを同時に直すドリルがあります。


(1)振り幅30cmの極小スイングでボールを打つ

ボールはインパクト時のフェースの向きに飛びます。

「狙った方向に飛ばない」
と悩んでいる方の多くが

アドレス時点でフェースの向きがずれています。

アドレスの時点でずれていれば
インパクトでのフェース面も安定しません。

アドレスが正しければ
自然にショットは安定します。

アドレス時のフェース面の向きを
整えるのは簡単です。

振り幅30cmの極小スイングでボールを打ちます。

極小スイングでボールを打つと
インパクトとアドレスのフェースの向きが
ほぼ同じになります。

極小スイングで狙った方向に飛べば
アドレス時のフェースの向きはOKです。

振り幅30cmの極小スイングでボールを打ち
狙った方向に飛ぶようにアドレスを整えましょう。


(2)飛ばさなくて良いので徐々に振り幅を大きくする

振り幅30cmの極小スイングで
狙った方向に飛ぶようになったら

徐々に振り幅を大きくします。

飛ばそうとする必要はありません。

ポーン、ポーンと

「狙った方向に飛ぶ」を大切にしながら
ボールを打ちます。

方向がばらついたら
スイングをすこし小さくします。

徐々に振り幅を大きくすることで

「80%くらいの力感で十分に飛ぶ」

を体感できます。

「軽く振っても飛ぶ」を体感できるので
振りすぎを防止できます。

 * * *

ドライバーショットを安定させる練習方法
ご紹介しました。

(1)振り幅30cmの極小スイングでボールを打つ
(2)飛ばさなくて良いので徐々に振り幅を大きくする

「アドレスを安定させる」と「振り過ぎを防ぐ」
という効果があります。

ドライバーが安定すれば大叩きがなくなります。

セカンドショットをフェアーウェイから打てます。

パーオンが増えます。
悪くてもボギーオンです。

スコアが良くなりますよ。

参考になれば幸いです!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。