driver4
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

ジャック・ニクラウスは

「力を抜け」「ゆっくり振れ」

をいつも念頭において練習をしていたそうです。

適度なリズムでスイングをできると
ショットが安定しますし飛距離も出ます。

では、、、どうすれば早振りを直せるのか?

ということで今日は
「ゆっくり振って飛距離を伸ばす方法」
をシェアします。


■ゆっくり振ると飛距離が出る理由

「テークバックはできるだけゆっくりが良い」

といったのは「プロより強いアマチュア」と称された
中部銀次郎です。


宮里藍プロも正確なショットを打つために
ゆっくりテークバックを重視しています。

【動画】宮里藍プロのドライバーショット




なぜ、ゆっくりテークバックが良いのか?

テークバックをゆっくりすると、
次のメリットがあります。

・肩の回転でバックスイングができる
 (リズムが早いと腕を使ってクラブを上げてしまう)

・肩を充分にまわせるので飛距離が伸びる

・スイング軸がブレず、芯でボールを打ちやすい

などなど、、、

結果として「スイングが安定」し、
「飛距離が出る」というわけです。



■コースでスイングリズムを安定させるシンプルな方法

多くのプロが「ゆっくり振る」を
意識しているのは

意識しないとスイングリズムは速くなりやすいから。

コースでスイングリズムを安定させる
方法はいくつかありますが

簡単に実践できる方法ご紹介します。

これです。


「ラウンド中に走らない」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

プレーファーストを心がけるのは
素晴らしいですが

ラウンドに走ると
体内のリズムが早くなります。

するとスイングリズムも早くなります。

ラウンド中は一定のリズムで歩くようにすると
スイングリズムも安定します。


 * * *

ゆっくり振って飛距離を伸ばす方法
ご紹介しました。

(1)ゆっくりテークバックする
(2)ラウンド中に走らない


飛距離をロスする原因は沢山あります。
それを取り除きましょう。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ。

応援しています!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。