ap_top

FROM:アオイ
札幌の自宅より

「コースにでるとアイアンのトップが多い」

こんな悩みをお持ちの方は多いです。

アイアンのトップとは
ボールの上部をたたいてしまうこと。

アイアンでトップになると
距離が不足して池やバンカーに入りやすいです。

ショートアイアンでトップをすると
グリーンを大きくオーバーしたりします。

アイアンショットが安定すると
スコアが良くなります。

ということで今日は
「アイアンの打ち方(トップを直す緊急対処法)」
をシェアします。


■アイアンの打ち方(トップを直す緊急対処法)

(1)「低いボールを打つ」イメージ

アイアンでトップになる原因はいくつかあります。

主な原因は「ボールを上げようとする動き」です。

ボールを上げようとすると
ヘッドの最下点がボールの手前になります。

ヘッドの最下点がボールの手前になると
トップやダフリになります。

解決策はシンプルです。

「低いボールを打つ」というイメージです。

低いボールを打とうとすると
すくい打ちが矯正されます。

アイアンショットのトップを防止できます。


(2)ヘッドアップをしていないか?

ボールの行方が気になると
ついついインパクトの前に頭があがります。

頭があがると上半身が起き上がります。

するとボールの上部をたたき
トップになりやすいです。

トップになったら「ヘッドアップをしていないか?」
をチェックしてはいかがでしょうか?


 * * *

アイアンの打ち方(トップを直す緊急対処法)
ご紹介しました。

(1)「低いボールを打つ」イメージ
(2)ヘッドアップをしていないかチェック

アイアンショットが安定すると
スコアが良くなりますよ。

参考になれば幸いです!



■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。