dr_tup

FROM:アオイ
札幌のカフェより


「どうすればスライスが直るのか?」

もしあなたがスライスに悩んでいるなら
対応の優先度は高いです。

スライスが直ると方向性が安定し
大きな飛距離アップにつながります。

ということで今日は
「スライスを直すために最初にチェックすること」
をシェアします。


■スライスを直すために最初にチェックすること


(1)スライスには複数の原因がありえる

スライスには複数の原因がありえます。

・打ち急ぎによる振り遅れ

・ウィークグリップ

・肩が早く開きすぎる

・過度なアウトサイドイン軌道

・ボール位置がズレている

などなど、、、

スライスになる原因は複数あります。

全ての対策をご紹介すると
話が長くなるので

今回は「スライスを直す時の考え方」をご紹介します。


(2)慌ててスイングを変えてはいけない

スライスがでるとスイングを変えたくなりますが
アドレスに原因がある場合も多いです。

スイングに問題がないのに
スイングを変えると問題が複雑化します。

スライスに限りませんが
ミスショットがでたり不調になっても

慌ててスイングを変えてはいけません。


(3)まずはアドレス・グリップ・ボール位置をチェック

私達ゴルファーはミスショットがでると
ついつい「スイングに問題がある」と考えますが

ミスショットの原因の9割は
「アドレスの問題」です。

ここでいうアドレスには
グリップ、ボール位置なども含みます。

スライスの原因も9割は
「アドレスの問題」です。

アドレスは静止している状態なので
修正も難しくありません。

スライスに悩んだら
「アドレス、グリップ、ボールの位置」
をチェックしてください。

上級者でも気づかないうちに
少しずつずれてしまうものです。

 * * *

スライスを直すために最初にチェックすること
ご紹介しました。

(1)スライスには複数の原因がありえる
(2)慌ててスイングを変えてはいけない
(3)まずはアドレス・グリップ・ボール位置をチェック


もしあなたがスライスに悩んでいるなら
対応の優先度は高いです。

スライスが直ると方向性が安定し
大きな飛距離アップにつながります。

参考になれば幸いです!



■追伸

「多くの場合、方向に難点がある人は
 スイングよりもグリップが悪い」

と言ったのはメジャー6勝し
オーバーラッピンググリップを考案したハリーバードン。

スライスはグリップのチェックを
最初にすると良いかもしれませんね。

あなたはどう思いますか?



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。