apr2

FROM:アオイ
札幌の自宅より


「どうしたらアプローチの高さを調整できるか?」

熱心なあなたもご存知のとおり
アプローチはスコアの鍵です。

アプローチを打つ状況は毎回かわります。

バンカー超え、ピンがグリーンの奥、または手前など、、

状況にあわせてボールの高さをコントロールできると
寄せワンを取りやすくなります。

ということで今日は
「アプローチの打ち方(ボールの高さを変える簡単な方法)」
をシェアします。


■アプローチの打ち方(ボールの高さを変える簡単な方法)

(1)ピッチエンドランをまずは習得する

ボールの高さを打ち分けるまえに
まずはピッチエンドランをマスターしましょう。

ピッチエンドランとは
ボールをある程度上げてグリーンに落とし
ランでピンに寄せるアプローチ。

アプローチの基本的な打ち方です。

グリーンまわりの大半は
ピッチエンドランで対応できます。

キャリーとランの比率はだいたい以下になると考えてよいでしょう。

58度で2:1 (SW)
52度で1:1 (AW)

同じ打ち方でも使用する道具や状況で変動します。

ポイントは

・スタンス幅を小さく
・クラブを短く持つこと
・オープンスタンス

「スタンス幅を小さく」、「クラブを短く持つこと」で
インパクトのブレを少なくできます。

「オープンスタンス」で、ターゲットに対する視界が広くなり
方向性を出しやすくなります。


(2)出来るだけ転がそう

「ゴルフはゴロフだ!」
これは青木功プロの名言です。

アプローチは転がしが安全で
スコアが安定するという意味です。

まずは「転がせるか?」と考える癖をつけると良いです。


(3)「ボール位置」「フェースの開閉」で高さを打ち分ける

「バンカー超え」や「ピン位置がグリーン手前」など
ボールを上げた方が寄せやすい状況もあります。

アプローチの高さを変える方法はいろいろありますが

シンプルなのは「ボール位置」「フェースの開閉」です。

ボールの位置を左にするほど
ボールが高くあがります。

フェース面を開くほどボールが高く上がります。
(スイング中でフェースを開閉するのではなく
 アドレス時に少し開いておきます)

手首を柔らかく使うと
高いボールを打ちやすくなります。

やってはいけないのは「スイングでボールを上げようとする」です。

ボールをすくう打ち方をすると
ダフリ、トップの原因になります。

打ち方を変えるのではなく
アドレスを少しかえるだけでokです。

スイングはいつも同じです。

 * * *

アプローチの打ち方(ボールの高さを変える簡単な方法)
をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)ピッチエンドランをまずは習得する
(2)出来るだけ転がそう
(3)「ボール位置」「フェースの開閉」で高さを打ち分ける


一番大切なのは

「ピッチエンドランの基準をつくること」

です。

ピッチエンドランを身につければ

ボールの位置、フェース面の開閉で
様々なボールを打てるようになります。

アプローチの距離感が正確になると
大幅なスコアアップを期待できます。

上手い人ほどアプローチの練習量が多いです。

アプローチでいつも

「okパットの距離に寄せる」

ができたら素晴らしいスコアになりますよ。

参考になれば幸いです!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。