dr_ad

FROM:アオイ
札幌の自宅より


「どうすればドライバーショットは安定するの?」

勉強熱心なあなたもご存知のとおり

インパクト時に上半身が起き上がると
軸がブレますし、ミート率が悪くなります。

ショットが安定しているゴルファーは
スイング中に前傾姿勢をキープできています。


前傾姿勢をキープできると

・ショットが安定します
・飛距離がのびます

ということで今日は
「ドライバーの打ち方(前傾角度をキープする腹筋の使い方)」
をシェアします。


■ドライバーの打ち方(前傾角度をキープする腹筋の使い方)

アドレスの際に作った前傾角度は
トップからフィニッシュまで変わらないのが理想。

多くのゴルファーはダウンスイングからインパクトで
上半身が起き上がります。


(1)前傾姿勢が変わっていないかチェック

まずは

「前傾角度が変わっていないか?」

をチェックしてみましょう。


方法は簡単です。


クラブを持たず、お尻を壁につけて
アドレスします。

そのままシャドースイングをします


インパクでお尻が壁から離れたら
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

前傾角度がかわった証拠です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


(2)アドレス時点で腹筋をしめる

前傾角度をキープする方法はいくつかありますが

腹筋に力を入れと前傾角度を
キープしやすくなります。

やり方は簡単です。

・いつもどおりにアドレスする

・腹筋に力を入れる

・腹筋に力をいれたまま
 スイング軸を保ってクルッと回転する

これだけです。

前傾角度をキープしやすくなります。

前傾角度が変わると
悩んだらお試しください。

 * * *

ドライバーの打ち方(前傾角度をキープする腹筋の使い方)
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)前傾姿勢が変わっていないかチェック(壁にお尻をつけてシャドースイング)
(2)アドレス時点で腹筋をしめる


前傾姿勢のキープを出来ていないゴルファーは
とても多いです。

前傾姿勢をキープできると
スイング軸が安定し、芯で打てるようになります。

ヘッドスピードも上がりやすくなります。

つまり

・ショットが安定し
・飛距離がのびます

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ!

応援しています!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。