driver4

FROM:アオイ
札幌の自宅より

「ドライバーショットが安定しない・・・」

もしあなたが「ドライバーが安定しない」と
悩んでいるなら今日の記事が役に立つでしょう。


ドライバーが安定すればOBが減ります。

セカンドショットをフェアーウェイから打てます。

パーオンの回数も増えますし
悪くてもボギーオンできます。

当然、スコアは良くなります。

ドライバーのミスを減らすには
いくつか方法がありますが

ドライバーショットを安定させる
初級者向けのドリルをご紹介します。

中上級者の方のスイングチェックにも有効です。


ということで、今日は、
「ドライバーを安定させるドリル(飛ばさないスイングをしてみよう)」
をシェアします。


■ドライバーを安定させるドリル(飛ばさないスイングをしてみよう)

やり方は簡単です。

(1)ゆーーくりテークバック

いつもより何倍も
ゆっくりとテークバックします。

テークバックからトップまで
5秒くらいかけてもよいです。


(2)ゆーーくりダウンスイング

ダウンスイングもゆっくりです。

スイングの動きはいつもと同じですが
ただゆっくりと打つだけです。

ゆっくりスイングなので飛距離はでません。

100ヤードも飛ばなくて良いです。

このドリルの目的は「飛ばし」ではなく
「ショットを安定させる」です。

飛ばさなくてOKです。
というか、飛ばしてはダメです。


(3)ゆっくりスイングは誤魔化しがきかない

ゆっくりスイングをしてみると
スイングの細かい部分でごまかしができません。

無駄な動きをしていると
その動きが目立ちます。

ギクシャクします。

無駄な動きはスイングの再現性を落とすので
そこが改善点です。

ゆっくりスイングしながら
自分のスイングに「無駄な動きがないか?」
をチェックしてみてください。


 * * *

ドライバーを安定させるドリル(飛ばさないスイングをしてみよう)
ご紹介しました。

(1)ゆーーくりテークバック
(2)ゆーーくりダウンスイング
(3)ゆっくりスイングは誤魔化しが効かない

やってみると多くの発見があります。

スイングの無駄な動きが見つかります。

独学でも良いですし
誰かに習っても良いです。

スイング無駄な動きを減らせると

スイングの再現性が高くなり
ショットが安定しますよ。

参考になれば幸いです!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。