apr2

FROM:アオイ
東京のカフェより

もしあなたが

「アプローチがダフりやすい」

と悩んでいるなら
今回の記事が役に立つでしょう。

熱心なあなたもご存知のとおり
ショートゲームはスコアアップの近道です。

アプローチでダフると

「打ち急いだ?」
「打ち方が悪い?」

と悩む方が多いですが

ボール位置が原因というケースは多いです。


ということで今日は
「アプローチでダフらないボール位置の決め方」
をシェアします。


■アプローチでダフらないボール位置の決め方

(1)傾斜にあわせてボール位置を変えていますか?

アプローチは練習場ではうまくいくのに
コースだとダメ・・・

と悩んでいませんか?

コースで失敗する理由はいくつかありますが
その1つが「傾斜」です。

グリーン周りには必ず傾斜があります。

つま先上がりや、つま先下がり。
左足上がりや、左足下がり。

練習場にはない傾斜があるので
ボールの位置を微調整する必要があります。


(2)「本気の素振り」でボール位置を微調整

細かいことを考えずに
最適なボール位置を決める方法があります。

それが「本気の素振り」です。

ボールを打つ前に2回、3回と素振りをします。

実際にボールを打つ時と同じリズムで素振りをします。

本気の素振りをするとクラブヘッドが
地面にさわる場所を確認できます。

その場所にボールを置くと
綺麗に打つことができます。

「本気の素振り」でボール位置を微調整しましょう。

実際のショットをイメージしながら
本気の素振りをしましょう。

ミスを減らせますし
距離感も確実に良くなります。

 * * *

アプローチでダフらないボール位置の決め方
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)傾斜にあわせてボール位置を変える
(2)「本気の素振り」でボール位置を微調整


「ボール位置を変える」という話をしましたが

まずは「平地できちんと打てる」が大前提です。

アプローチの成功は
スコアに大きく影響します。

もしあなたがフルスイングの練習より
アプローチの練習が少ないなら

独学でもいいですし
誰かに習ってもいいです。

アプローチの練習をしましょう。

短期間にスコアアップしますよ。

参考になれば幸いです!




■本日のオススメ

アプローチを短期間に上達したいなら
こちらがオススメです

アプローチのミスを減らし、短期間にスコアアップする方法




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。