headpu
FROM:アオイ
札幌の自宅より


「ドライバーショットが安定しない・・・」

と悩んでいませんか?

ドライバーショットが安定しないと
スコアがまとまりませんよね。

上手いプレーヤーは
ドライバーのショットが安定しています。

多少ミスショットを打っても
スコアを大きく崩さずにすみます。

ドライバーのミスが少ないのは
「スイングの実力が高い」
ということもありますが、

ドライバーショットを安定させるコツがあります。

ドライバーが安定すればOBが減ります。

セカンドショットをフェアーウェイから打てます。

パーオンの回数も増えます。
当然、スコアは良くなります。

ということで今日は、
「ドライバーショットを安定させる方法(フィニッシュをチェック)」
をシェアします。


■ドライバーショットを安定させる方法(フィニッシュをチェック)

ドライバーショットが安定しない原因の1つが
「振りすぎ」です。

アニカ・ソレンスタム選手は

スイングのスピードリミットを
「10段階の6まで」と気をつけていたそうです。

それ以上のスピードでスイングをすると
コントロールができなくなる。

ただ、、、

「10段階のうち6」と言われても
個人差があるのでわかりにくいです。

わかりやすい目安があります。

それは「フィニッシュでバランスを崩していないか?」です。

フィニッシュでバランスが崩れないなら
はやいスピードで振り切ってOKです。

「フィニッシュでバランスが崩れるようなら振りすぎです」

ヘッドスピードは少しあがるかもしれませんが
それ以上にミート率が落ちます。

ミート率がさがるとヘッドスピードが出ても
飛距離は大きくロスします。

ショットも安定しません。

フィニッシュでバランスを崩さない範囲で
振り切りましょう。


 * * *

ドライバーショットを安定させる方法(フィニッシュをチェック)
ご紹介しました。

「フィニッシュでバランスが崩れるようなら振りすぎ」

ドライバーショットを安定させる方法は
他にもありますが

わかりやすいチェックポイントを
1つご紹介しました。

ドライバーショットが安定しないと
スコアはまとまりません。

ドライバーショットが安定すると
ゴルフが楽になりますよ。

参考になれば幸いです!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。