keisya_green

FROM:アオイ
札幌のカフェより


「傾斜からのアプローチを成功させるコツ」


今日は「傾斜からのアプローチを成功させるコツ」を
シェアします。

この記事を読むとあなたはスコアを大きく
伸ばせる可能性が高いです。


なぜなら、ラウンド中は傾斜地から
アプローチを打つ機会が何度もあるからです。

勉強熱心なあなたもご存知のとおり、
アプローチの精度はスコアに直結します。

スコアをまとめるのが上手い人ほど
アプローチを練習しています。

ですが、傾斜地からのアプローチの打ち方を
知らないゴルファーは多いです。

傾斜地からの打ち方を知らないと、
トップやダフリになります。

傾斜地からの打ち方を知らないと、
距離や方向がズレます。


傾斜からアプローチのコツを知れば
大幅なスコアアップを期待できます。


ということで今日は
「傾斜からのアプローチを成功させるコツ」
をシェアします。



■アプローチは「必ず」傾斜から打っている

完全に平らな場所から
アプローチをすることはありません。

つま先あがり、つま先さがり、
左足あがり、左足さがり、、、

それらが複合した斜面など、

「必ずなんらかの斜面からボールを打ちます」


もしあなたが斜面からのアプローチを練習していないなら、、、

そこにスコアアップの余地が大きく残っています。



■傾斜からのアプローチを成功させるコツ

(1)つま先下がりのアプローチ

通常はつま先下がりのショットは、
スライスになりやすい傾斜なのですが、


アプローチの場合はスライスを考慮して
左を狙う必要はありません。

使うクラブがウェッジなので、
スライスになりにくいからです。

つま先下がりのアプローチのコツは、

「ボールの位置が低くなる分、膝を曲げて調整する」

前傾角度を深くして調整すると、
ボールが体から離れて
ひっかけになりやすいです。



(2)つま先あがりのアプローチ

・グリップを短く持つ

つま先あがりの傾斜では、
ボールが通常より体に近くあるからです。

傾斜面が強くなるほど短く持ちます。

ボールを打つ前に素振りをして、
どのくらいの短く持つか調整しましょう。


・目標より右を向く

つま先上がりの場合、
ボールが左に飛びやすいです。

斜面がきついほど右を向きます。


・オープンスタンス

つま先あがりは、引っ掛けが出やすいです。

オープンスタンスでひっかけを防止します。


・体重移動をせずにコンパクトに振る

打点を安定させるために、体重移動をせずに、
コンパクトなスイングをしましょう。


 * * *

傾斜からの打ち方は他にも注意点がありますが
重要なポイントをいくつかご紹介しました。


誰かに習っても良いですし
独学でも良いです。

傾斜からのアプローチの精度を高めると
大幅なスコアアップを期待できます。

参考になれば幸いです!

応援してします!



■追伸

斜面からのアプローチの
「練習方法」もあるのですが

長くなったので別の機会にご紹介しますね。



■追伸2

以前、一緒にラウンドしたプロは
こんなことを言っていました。

「スコア100から90の人は
斜面からのアプローチの打ち方を練習すれば
すぐにスコアがよくなるよね」

あなたはどう思いますか?




■追伸3

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。




■本日のオススメ

アプローチを短期間に上達したいなら
こちらがオススメです

アプローチのミスを減らし、短期間にスコアアップする方法



・アプローチのトップ、ダフリを簡単に直す方法
・80ヤード以内の距離を正確に打ち分ける方法
・傾斜からのアプローチを成功させるコツ

なども紹介しています。