swing_top


FROM:アオイ
札幌の自宅より

「テークバックで左肩がまわらない・・・」

勉強熱心なあなたは飛距離を伸ばすには
「肩の回転が重要」だとご存知でしょう。

ゴルフが上手い人はテークバックで
左肩がスムーズにまわります。

左肩がスムーズにまわると、、、

・打ち急ぎがなくなる
・トップでほどよい「間」ができる
・左右に体がブレなくなる
・軸がブレないのでヘッドが走る

などなど、ショットは安定しますし
飛距離も伸びます。

ではどうすればテークバックで
左肩がスムーズにまわるようになるのか?

ということで今日は
「テークバックで左肩がスムーズにまわるアドレス」
をシェアします。


■肩の回転は十分か?まずはチェックから

まずは現状のチェックをしましょう。

「テークバックで肩の回転は十分に行われているか?」

チェックの目安はコレ


「トップの時点で左肩がアゴの真下にあるか?」

「トップの時点で背中が目標方向を向いているか?」

この状態ならOKです。


■テークバックで左肩がスムーズにまわるアドレス

多くのゴルファーが
顔の真正面でボールを見ながらアドレスをします。

すると「アゴを引いた状態のアドレス」になります。

この「アゴを引いた状態」というのが、
左肩がスムーズにまわらない原因になります。

バックスイングでアゴが邪魔になり、
肩の回転がスムーズに出来なくなります。

無理に肩を回転しようとすると、
肩でアゴを動かすのでスイング軸が動きます。

スイング軸がズレるので
ショットが安定しません。

肩がまわらないと打ち急ぎになります。
「早ぶり」、「手打ち」の原因にもなります。

フックやスライスの原因にもなります。

ではどうすれば良いのか?


(1)アドレスで後ろ髪を少し引かれるイメージ

アドレスをした時に
「後ろ髪を後ろに少し引っ張られる」をイメージして
顔を少しあげる。


(2)ボールを下目線で見る

顔を上げると
「ボールを下目線で見る」
状態になります。

dr_mesen

これでOKです。

アゴを少し上げることで、

バックスイングで左肩がスムーズに回転します。

すると捻転が大きくなり飛距離が伸びます。

フォローでは右肩がアゴの下に入ります。

力いっぱいスイングしても、
スイング軸がぶれなくなります。

軸がブレなくなるので、
スライスやフックも防止できます。


 * * *

テークバックで左肩がスムーズにまわるアドレス
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)後ろ髪を引かれるイメージで頭をあげる
(2)ゴルフボールを下目線で見る


「アゴを1センチほど上げるだけ」です。

アドレスでは、このわずかな違いが
スイングに大きな影響を与えます。


「バックスイングがスムーズに出来ない」

「バックスイングで左肩がまわらない」

という場合は
「アゴを1センチほど上げる」
をお試し下さい。

参考になれば幸いです。

応援しています!



■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。