ball7
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「アイアンのダフリを直す方法とは?」


先日、こんな相談をいただきました。

==================
アイアンのダフリが直りません。
特に斜面からダフります。

良い練習方法があれば教えてください。

私はタイトリストのアイアンなのですが
アオイさんは、どこのメーカーのアイアンを使っていますか?
==================

アイアンのダフリは辛いですよね。

狙った場所に打てないし
距離もブレてしまいます。

とくに「斜面」は練習場にないライなので
悩んでいる方は多いようです。

ということで今日は
「アイアンのダフリを直す練習方法(斜面からも正確にヒットする方法)」
をご紹介します。


■私のアイアンはミズノさんです

「アオイさんは、アイアンはどこのメーカーを使っていますか?」

というご質問も頂いたので回答しますね。

以前は三浦技研さんのアイアンを使っていましたが
今はミズノさんのフォージドのアイアンを使っています。

ライ角の調整がしたいので、フォージドアイアンにしました。
(鋳造でもライ角を調整できるモデルがあるけどね)

打感が良くて気に入っています。

ある程度スイングが固まってきたら
アイアンのライ角調整ができると良いですよ。

ライ角が自分のスイングあっていると
狙った場所に打てますし

打感がとてもよくなります。

では、本題に入りますね。


■アイアンのダフリを直す練習方法(斜面からも正確にヒットする方法)

斜面からアイアンでダフる原因の1つがこれ

「クラブのソールが通る場所をコントロール出来ていない」


(1)練習マットはダフっても気づきにくい

クラブのソールが通る場所を
コントロール出来ていないのは

練習環境に理由があります。

練習マットはダフってもミスになりにくいです。
iron5

多少ダフっても前にボールが飛ぶので
ダフっていることに気づかないのです。

当然、コースにダフれば
ボールは飛んでくれません。

マットの上から打つときは
「ダフっていないか?」に注意が必要です。

「カシャ!」という乾いた音がすればokです。

「ドスン!」という音がするのは
ダフっている可能性が高いです。


(2)練習ではティーアップしたボールをアイアンで打とう

クラブのソールが通る場所をコントロールできるようになり

斜面からもクリーンに打てるようになる
おすすめのドリルがあります。

「ティーアップしたボールをアイアンで打つ」
という練習方法です。


練習時のポイントはコレ

・ボールをクリーンに打つ

・毎回、同じ高さのボールを打つ

・毎回、同じ方向にボールを打つ


この練習の効果はコレ

・クラブのソールが通る場所を把握できるので
 斜面からクリーンに打てるようになる

・ダフリが直る

・ショートホールの練習になる

・ヘッドの軌道が正確になる
 (適正な入射角になる)


「ティーアップすると簡単になる」
と思うかもしれませんが実は難易度は高いです。

ティーアップしたボールをアイアンで打ち

毎回同じボールを打てるようになると
アイアンショットがレベルアップしますよ。


 * * *

アイアンのダフリを直す練習方法
(斜面からも正確にヒットする方法)を
ご紹介しました。

「練習ではティーアップしたボールをアイアンで打つ」

これだけです。

コースにでるとダフリやすい
という場合はお試しください。

ゴルフはちょっとしたコツで
スコアアップするものです。

参考になれば幸いです!




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。