apr2

FROM:アオイ
札幌の自宅より


「どうすれば50ヤードのアプローチでミスを減らせるのか?」

熱心なあなたもご存知のとおり
ショートゲームはスコアアップの鍵です。

「50ヤード前後のアプローチでダフリやすい」
と悩んでいる方は多いです。

50ヤード前後を得意になると
大幅なスコアアップを期待できます。

ということで今日は
「50ヤードでダフらない方法(インパクトで緩んでいませんか?)」
をシェアします。


■50ヤードはベタピンを狙え!(インパクトで緩んでいませんか?)

(1)50ヤードのアプローチがダフる原因は「インパクトのゆるみ」

アプローチでダフる原因は
いくつかあります。

その中の1つが「インパクトのゆるみ」です。

インパクトでゆるむと
ダフリやトップなどのミスが増えます。

インパクトでゆるんでしまう原因の1つが
「バックスイングが大きすぎる」です


(2)バックスイングが大きいとインパクトで減速

バックスイングが大きいと

「これは大きすぎる!」

と無意識にインパクトで減速します。

インパクトの減速が
ゆるみの原因になります。


(3)バックスイングは思っているより大きくなりやすい

インパクトが緩む人は

「バックスイングが大きく、フォローが小さい」

という傾向があります。

一度、撮影してチェックするか
他の人に見てもらうと良いです。

本人が思っている以上に
バックスイングは大きくなりがちです。


クラブの重さの勢いで自分が思っているより
大きなバックスイングになるのです。

スイングを撮影しなくても
一度、トップでクラブを止めて
目で見て確認しても良いです。

思っている以上にトップの位置は大きいものです。


(4)バックスイングを小さく、フォローを大きく

インパクトの緩みを防ぐには

「バックスイングを小さく。フォローを大きく。」

を試してみましょう。


 * * *
50ヤードでダフらない方法(インパクトで緩んでいませんか?)
をご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)アプローチのダフリの原因の1つは「インパクトのゆるみ」
(2)バックスイングが大きいとインパクトで減速してしまう
(3)バックスイングは思っているより大きくなりやすい
(4)バックスイングを小さく、フォローを大きく

気づかないうちにトップは大きくなりやすいです。

「アプローチショットでインパクトが緩んでいる」
と感じたら

まずはコレを試して下さい。


「トップが高すぎないか?」
を目で見てチェックして下さい。

トップが大きすぎるなら、、、


「自分が思ったよりもコンパクトなトップにする」

「トップで止めて目で確認する」

これを何度か繰り返し

「自分の感覚と、実際の動きのズレを小さくする」

をお試し下さい。



■一週間で、スコアを5つ縮めるには、、、

ハーヴィー・ペニックという
伝説のティーチングプロがいます。

レッスンの神様と呼ばれ
数多くのトッププロを育てました。

彼の弟子には、ベン・クレンショー、
トム・カイトがいます。

彼は著書の中でこう言っています。

===========================

一週間やそこらで、スコアを5つぐらい縮めるような
急激な進歩を遂げたいと思うなら、
まずは練習方法を根本から変えなければならない。

2週間、練習時間の90%をチップショットとパットに費やし、
残りの10%だけをフルスイングにすることです。

こうすれば95のスコアは必ず90になるはずです。
私が保証しましょう。

===========================

日本のゴルファーは、
アプローチの練習量が不足しています。

ゴルフ歴20年を超える、
ベテランゴルファーも例外ではありません。

『練習時間の90%をショートゲームに割り当てる』

それが出来れば、

1週間やそこらで5つくらいスコアを
減らせるかもしれませんよ。


参考になれば幸いです!




■本日のおすすめ

Kさんは「アプローチのミスが多い」
と悩んでいました。

いろいろなゴルフ教材を試しても成果がでない。

あまり練習時間がなくレッスンも受けられない。

ある方法を試したところ
アプローチが安定するようになったそうです。

その方法とは?

忙しいゴルファーが少ない練習でアプローチを上達する方法




■追伸

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。