bunker
FROM:アオイ
札幌の自宅より


こんにちは!アオイです。

先日、久々に失敗しました。

ラウンドにいったのに
なんとSWを自宅にわすれました。

自宅でクラブを磨いていて
バックにしまい忘れたわけです。

かなりガックリきました(苦笑)

しかし、SWを忘れたことで
良い気づきがありました。

ということで今日は
「アプローチの打ち方(SWを使わないラウンドの気づき)」
をシェアします。


■アプローチの打ち方(SWを使わないラウンドの気づき)

(1)SWよりAW、PWはやさしい

SWを得意クラブにしようとする方が多いですが、、、

SWよりAWの方が簡単です。

SWはフェース面が上を向いているので
ボールの下をくぐりやすいです。

ダルマ落としのようになり
距離感がつかみにくいです。

リーディングエッジ(歯と呼ばれる部分)で打つ
可能性も高いのでトップになりやすいです。

SWのロフトは56度、58度、60度くらいです。
(60度になるとロブウェッジとも呼ばれます)

AWは52度くらい。

SWの56度と、AWの52度では違いはわずか4度です。

この違いが大きい。

アプローチはSWを使うよりAWを使うと
とても簡単になります。

AWが難しいと感じるならPWでも良いです。

「プロはSWを使うじゃないか」
と思うかもしれません。

プロの試合はグリーンが速いので
SWが必要な場面が多いです。

通常のゴルフ場はプロの試合ほど
グリーンが速くありません。

SWを使わずにAWで寄せられるケースが多いです。

優しいAWのアプローチを基準にした方が
スコアをまとめやすいです。


(2)バンカーを徹底してさける

「バンカーが苦手」
という方は多いです。

それほど苦手ではないにしても
普通の芝から打つより難しいですよね。


バンカーが苦手なら
「バンカーを徹底してさける」
というのもスコアアップの近道です。

特にショートホールのバンカーは
難しい設定になっています。

バンカーの無い場所を狙って打つのが
スコアメイクのセオリーです。


 * * *

アプローチの打ち方(SWを使わないラウンドの気づき)
ご紹介しました。

(1)SWよりAW、PWはやさしい
(2)バンカーを徹底してさける

グリーンまわりはスコアアップの要です。

参考になれば幸いです!


SWを使わないラウンドでしたが
意外とスコアはいつもどおりでした。

メルマガのネタもできたので良しとします。



■ 追伸

トム・カイトや、ベンクレショーを育てた
伝説のレッスンプロ、ハーヴィー・ペニックは

「ショートゲームの練習こそスコアを5つ縮める方法」

と言っています。

アプローチの練習にスコアアップの近道があります。

「自分はまだ下手だから、
 アプローチよりショットの練習をしますよ」

という考えもあるかもしれません。

しかしゴルファーのレベルに関係なく、
アプローチの精度を上げると
スコアが大幅にアップします。




■本日のおすすめ

Kさんは「アプローチのミスが多い」
と悩んでいました。

いろいろなゴルフ教材を試しても成果がでない。
あまり練習時間がなくレッスンも受けられない。

ある方法を試したところ
アプローチが安定するようになったそうです。

その方法とは?

忙しいゴルファーが少ない練習でアプローチを上達する方法