keisya_green

FROM:アオイ
札幌の自宅より


「ショートアイアンを使うとボールが左に飛んでしまう」

と悩んでいませんか?

安心してください。
みんなそうですから。

私もショートアイアンの
ひっかけに悩んだ時期があります。

アイアンの構造が原因です。

ロングアイアンは右に
ショートアイアンは左に
飛びやすくなっているのです。

どんなに上手い人でもそうです。
プロも例外ではないです。

じゃあ、どうすれば良いのか?

「ショートアイアンでボールが左に飛ぶ」を
防止するシンプルな方法があります。

ということで今日は
「ショートアイアンで狙った場所に打つ方法」
をシェアします。


■「ショートアイアンで狙った場所に打つ方法」


なぜショートアイアンは左に飛びやすいのか?

ショートアイアンは
ロフトの角度が大きいからです。

ロフト角が大きくなればなるほど、
フェースは左を向きやすくなります。

さらにクラブが短いので
インパクトでフェースを返しやすい。

そのためショートアイアンは
左に飛びやすいのです。


対策は、、、

「フルショットをしない」

これだけ。


フルショットをすると
フェースがかえりやすいです。

プロや上級者はクラブフェースがかえらないように
コントロールショットしています。

ただ、、、

「コントロールショットを打て」

と言われても簡単ではないですよね?

コントロールショットを打つ方法をご紹介します。


■コントロールショットの打ち方


(1)ショートアイアンは狙った場所に打つクラブ

「ショートアイアンは狙った場所に打つクラブ」

この認識を持つことが第一歩です。

PWで遠くに飛ばしても意味はありません。

飛距離をおさせて狙った場所に打つ練習をしましょう。

ショートアイアンは飛距離よりも距離感です。

縦の距離も、横の幅も狙った場所に打つ
という練習をすると良いです。

ショートアイアンでのフルショットは
あまり必要ないのです。


(2)スイングをコンパクトにする

コントロールショットを打つには
スタンス幅を狭くします。

トップとフォローの位置も
フルショットより低めにおさえます。

高く上げずにスリークォーターで打つイメージです。

スリークォーターで打つと
インパクトゾーンが安定します。

フェースの向きが安定します。

フィニッシュの位置を低めにおさえると
ひっかけを防止できます。

ライン出しショットのイメージです。


 * * *


「ショートアイアンで狙った場所に打つ方法」
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

・ショートアイアンは左に飛びやすいクラブ
・ショートアイアンは狙った場所に打つクラブ
・スイングをコンパクトにする

ショートアイアンで狙った場所に打てると
スコアがとても良くなりますよ。

参考になれば幸いです。



■追伸

ゴルフはグリーンに近くなるほど
ショットの精度がスコアに直結します。

「OBが多くて100が切れない」という場合は
ドライバーの練習が必要です。

しかし

ドライバーがある程度安定してきたら

「少しでも飛ばす」という練習ではなく

ショートアイアン、アプローチの練習を増やしましょう。

多くのゴルファーにとってアプローチの上達が
スコアアップの近道です。




■本日のおすすめ

Kさんは「アプローチのミスが多い」
と悩んでいました。

いろいろなゴルフ教材を試しても成果がでない。
あまり練習時間がなくレッスンも受けられない。

ある方法を試したところ
アプローチが安定するようになったそうです。

その方法とは?

忙しいゴルファーが少ない練習でアプローチを上達する方法