rahu2
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、

「30ヤードからアプローチでダフってしまう・・・」


先日、こんなご相談を頂きました。

======================
30ヤードからのアプローチでダフりが多いです。

練習場ではうまくいくのですがコースにでるとミスが多いです。
メンタルの問題でしょうか?
======================


アプローチのダフリはつらいですね。

スコアダウンに直結します。

コースでミスが多い場合「メンタルの問題か?」
と思いがちですが、、、

多くの場合、メンタルとは別に問題があります。

ということで今日は
「アプローチでダフリを直す意外な方法(コースで撮影してみる)」
をシェアします。


■アプローチでダフリを直す意外な方法(コースで撮影してみる)

(1)練習場とコースで打ち方が変わる人は多い

練習場とコースでは打ち方が変わる人は多いです。

たとえば

・リズムが早くなる

・ヘッドアップが大きくなる

・ボールをあげようとして手首の動きが大きくなる

・ボールの位置が変わる


などなど。

本人は気づかないけど
予想以上に変わっているケースも多いです。



(2)正面からスイングを撮影して、自分の打ち方を確認する

アプローチのダフリ、トップは

・過度な体重移動

・過度な手首の動き

・アドレスが大きい(スタンス幅が広い、クラブを長くもっている)

・ボールの位置が悪い

・アドレスで左腕とクラブが一体化していない


などが原因となるケースが多いです。


正面からスイングを撮影
自分の打ち方をチェックしてみましょう。

スマートフォンで撮影すれば良いでしょう。

このメルマガを読んでくれている
熱心なあなたなら

自分でスイングを見れば
ミスの理由はきっとわかりますよ。

練習場とコースの両方で撮影して
比較するのもおすすめです。


 * * *

アプローチでダフリを直す意外な方法(コースで撮影してみる)
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)練習場とコースで打ち方が変わる人は多い
(2)正面からスイングを撮影して、自分の打ち方を確認する


アプローチのミスが減ると
大幅なスコアアップを期待できますよ。

参考になれば幸いです!




■追伸

「急激な進歩を遂げたいと思うなら、
 練習の90%をショートゲームに割り当てる」

と言ったのは伝説のレッスンプロ、ハーヴィー・ペニック。

あなたはどう思いますか?



■追伸2

メールをくれたKさんは
「アプローチのミスが多い」
と悩んでいました。

いろいろなゴルフ教材を試しても成果がでない。

ある方法を試したところ
アプローチが安定するようになったそうです。

その方法とは?

忙しいゴルファーが少ない練習でアプローチを上達する方法



■追伸3

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。