iron6
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


「どうすればアイアンのダフリを直せるのか?」


アイアンの上手い人は
ゆるやかなダウンブローに打ちます。

ダウンブローとはクラブヘッドが下降している途中で
ボールを打つことです。

ダウンブローのメリットは

・ライが悪くても打てる

・距離が安定する

・ロフトが立つので飛距離が出る

・ダフリやトップになりにくい

・スピンがかかるのでグリーンでボールが「キュッ!」と止まる


など、、、スコアアップのために
多くのメリットがあります。

ではどうすればダウンブローに打てるのか?

ということで今日は
「アイアンの打ち方(ダフリが直るイメージの作り方)」
をご紹介します。


■アイアンの打ち方(ダフリが直るイメージの作り方)

アイアンがダフル理由はいくつかありますが

すこしイメージを変えるだけで
直るケースもあります。


(1)アイアンをアッパー軌道で打っていませんか?

ドライバーをたくさん練習していると
気づかないうちにアッパー軌道の打ち方になりやすいです。

ドライバーのようにティーアップして打つなら
アッパー軌道でも良いのですが、

アイアンショットのアッパー軌道は駄目です。

地面にあるボールをアッパー軌道では打てません。


ボールの前に地面を叩いてしまいます。

大きなダフリにならなくても
アイアンをアッパー軌道で打つと

ロフトが開いて飛距離が落ちてしまいます。

7番アイアンで打っているのに
8番、9番アイアンの飛距離になります。


専門用語を使うなら

ハンドファーストになっていなくて
ハンドレートで打っている状況です。


(2)アイアンのダフリがでたら「低いボールを打つ」を試してみよう

「最近、アイアンがダフりやすい」

「高くあがって、番手通りの飛距離がでない」

と感じたらこれを試して下さい。



「アイアンで低いボールを打つ」

または

「アイアンでパンチショットを打つ」

というイメージです。


低いボールやパンチショットを打とうとすると
自然にインパクトで左足体重になります。

自然にハンドファーストになります。

イメージを変えるだけで
ダウンブローに打てるケースも多いですよ。

 * * *

アイアンの打ち方(ダフリが直るイメージの作り方)
ご紹介しました。


長くなったのでまとめます。

(1)アイアンをアッパー軌道で打っていませんか?
(2)アイアンのダフリがでたら「低いボールを打つ」を試してみよう


ミスショットがでてもあわててスイングを
変えなくても良いです。

少しイメージを変えるだけで
悩みが解決するかもしれませんよ。

あなたのスコアはまだまだ良くなりますよ!

応援しています!