apr_bunker
FROM:アオイ
札幌の自宅より、、、


こんにちは!アオイです。

ここ数日でメルマガ読者さんがとても増えました。

もしあなたが、最近、私のことを知ったなら
最初にこちらをお読み下さい。


アオイの情報発信の理念・信念をまとめました。

はじめての方へ



では、本題にすすみますね。

今日のテーマはこれ


『バンカー超えのアプローチを成功させるには?』

バンカー超えのアプローチが
苦手な方は多いです。

ショートをするとバンカーに入る。

ショートを怖がり強く打ち過ぎると
グリーンをオーバーしてしまいます。

バンカー超えのアプローチを成功するには、
コツがあります。

ということで今日は
「アプローチの打ち方(バンカー超えは横から見る)」
をシェアします。


■アプローチの打ち方(バンカー超えは横から見る)


(1)バンカー超えで大切なのは「距離の把握」

バンカー超えのショットで
大切なのは「距離の把握」です。

「キャリーでどのくらい打てば良いのか?」

をしっかりと確認しましょう。

距離が曖昧だと不安が残ったまま
ショットを打つことになります。

・ショートしてバンカーに入れたくない

・でも、オーバーしてグリーンオーバーもしたくない

という距離感の不安が

インパクトの緩みやヘッドアップなどの
ミスにつながります。

バンカー超えのアプローチは
距離を正確に把握すれば簡単です。


(2)バンカー超えは「横」から確認

距離を正確に知るために
「横から確認する」が大切。


ボールとピンを結んだ線の
真横から確認します。

真横から見るといろいろわかります。

たとえば

・バンカーを超えるために、必要なキャリー

・バンカーを超えてからグリーンエッジまでの距離

・グリーンエッジからピンまでの距離

・グリーンの大まかな傾斜

など、、、

ボールの落とし所がわかります。

ボールが落ちてからの
ボールの転がりを予想できます。

横から見ると

「思ったより、落とし所の許容範囲は広い」

と気づくものです。

バンカー超えに限らず

距離感が大切なアプローチは
「横から確認する」
を習慣にすると良いです。

 * * *

アプローチの打ち方(バンカー超えは横から見る)
ご紹介しました。

長くなったのでまとめます。

(1)バンカー超えで大切なのは「距離の把握」
(2)バンカー超えは「横」から確認


アプローチの精度が高くなると
大幅なスコアアップを期待できますよ。

参考になれば幸いです!




■追伸

ゴルフはグリーンに近くなるほど
ショットの精度がスコアに直結します。

ショットが安定しているなら
フルスイングの練習をすこし減らして

ショートアイアン、アプローチの練習を
増やしてはいかがでしょうか?

多くのゴルファーにとってアプローチの上達が
スコアアップの近道です。




■本日のおすすめ

Kさんは「アプローチのミスが多い」
と悩んでいました。

いろいろなゴルフ教材を試しても成果がでない。
あまり練習時間がなくレッスンも受けられない。

ある方法を試したところ
アプローチが安定するようになったそうです。

その方法とは?

忙しいゴルファーが少ない練習でアプローチを上達する方法