driver4

FROM:アオイ
札幌の自宅より

「突然のスライスを一発で直す方法とは?」

ラウンド前の練習で
スライスが止まらない。

そんな経験はありませんか?

ドライバーのスライスはつらいですよね。
飛距離はでないしOBになりやすい。


スライスがひどいと
スイングを直したくなりますが

ラウンド直前にスイングを直すのは危険です。

スイングを直さずにスライスを直す
簡単な方法があります。

ということで今日は
「ドライバーの打ち方(スライスが直るボール位置)」
をシェアします。


■ドライバーの打ち方(スライスが直るボール位置)

(1)ティーの高さを少し高くする

スライスはインパクトで
フェースが開いている状態です。

ティーアップを少し高くすると
フェースが閉じやすくなります。

スライスを軽減できます。


(2)ボールを左に移動する

ボールの位置を左足寄りにすると
スライスを軽減できます。

左にボールをずらすと
インパクトでフェースが閉じやすくなります。

フェースが閉じるので
スライスを軽減できます。

 * * *

ドライバーの打ち方(スライスが直るボール位置)
ご紹介しました。

(1)ティーの高さを少し高くする
(2)ボールを左に移動する


これで突然のスライスも怖くないですね。

スライスの根本的な解決は
ラウンド後に行いましょう。

参考になれば幸いです!



■追伸

土曜日はトレーニングでした。

週1回のトレーニングを
2年ほど近くも続けているのに
いまだに筋肉痛になる^^;

筋トレをはじめてから飛距離も伸びたし
疲れにくくなりました。

ゴルファーに筋トレはおすすめです。



■追伸2

今回の記事が役に立ちましたら

下にある「いいね」ボタンを押して下さい。

あなたの応援で記事に気合が入ります。